【2018シーズンJリーグ展望】今年もおもしろそう!2018シーズンの超個人的な注目ポイント

2018年に向けて、各チームの陣容が固まってきました。ビックリ移籍もありましたが、ポドルスキーレベルのビックリネタはありませんでしたね。今シーズン、注目チームとプレーヤーを思いつくままに羅列していきたいと思います。

2018シーズンの注目チーム J1編

川崎フロンターレ

大久保嘉人が1年で電撃復帰。これは炎上しそうと思っていたらさらにベビーフェイス中のベビーフェイスだったはずの齋藤学が移籍マーケット終盤&0円移籍という極悪ヒールターンを披露。まぁこれは落ち度があったかどうかは微妙なところ。大久保の移籍の余波を抑えるためだとしたらこれはフロンターレも相当策士。
全日に行って帰ってきた大久保=長州力に加え、華麗なヒールターンを披露した齋藤=グレートムタを要した前線は凶悪そのもの。小林悠、家長に大島、中村憲もいて新加入の赤崎も控えている。クラブ自体が全く毒気のない、崇高なジェダイの騎士のようだったので、大久保、斎藤の暗黒卿コンビにひきづられ、フォースの暗黒面に堕ちないか心配。後は、2017シーズンは踏ん張った守備陣が今年はどこまで踏ん張れるかが心配。

マリノスはマルティノスも齋藤も失って、両手をもがれた状態でシーズンインする模様だが、ポステコグルー監督はどう思ってるんだろうか。話が違うとならないのか不安。

注目ポイントは中村憲のゴールパフォーマンスは今年どうなるんだろうか問題。デジっチから目が離せないぞ。個人的にはにゃんこスターで引っ込み思案な大島をはじけさせてあげてほしい。

関連記事
[post id=”1068″]

 

コンサドーレ札幌

昨シーズンはさすらいの残留請負人・ジェイと都倉の力押しにより、終盤に残留を確定させた。2年連続の残留は2001年と2002年以来。イロモノで終わると思ってたチャナティップもフィットしているどころか結構好きなアタッカーだったことも判明。コートーッ
2018年は何と言ってもミシャことペトロビッチの招聘である。浦和時代、札幌に2-0で敗れたのを最後に事実上の解任。みずからに引導を渡したチームというのがなんとも縁を感じる。

前述の最終戦で後半開始と同時に3枚替えの奇策に打って出たものの全く効果なく敗戦するなど、追いつめられるとパニックに陥る傾向にあるのが心配材料選手交代が当たった試しが無い(極私的な感想)

とはいえ、ミシャ式のキモとなるサイドアタッカーにはJ1でも極上の駒井、J2では極上の白井を黙々と補強。特殊なサッカーなので浸透する前に降格もあり得るし、浸透しても対策が出来上がってるので降格もあり得る。また行き詰っても戦術の引き出しもあまりなさそうなので降格もあり得る。

しかしなにはともあれ俺たちの小野伸二がいる。1分1秒でも長く伸二のプレーを見ていたい。コンサドーレに祈るのはそれだけである。

ガンバ大阪

なにを隠そうガンバサポの私。宇佐美を失い、堂安も失い、大黒柱になりそうだったマイルドヤンキー井手口も失った。毎年大きな喪失感にさいなまれている。心の支えだったヤットも出番を失いつつあるしなんなら生え抜きでもないし。2018年は何をココロの支えに生きていこうかと思っていた矢先にクルピの監督就任が発表。久々に心躍る監督である。

何を隠そう、いい若手がモリモリいるのだ。

初瀬はもちろん、市丸、高木彰、一美と東京世代がごろごろ。U-17の中村もゲット。これで毎年引き抜かれても5年は正気を保てる

一瞬柿谷が来る、家長が来ると色めきだった瞬間もあったけど、地に足付けて見守ろう。再来年くらいに家長・本田圭佑のユースコンビがピッチに並び立つ日を夢見て。

2018シーズンの注目チーム J2編

ジェフ千葉

来年は終盤に怒涛の7連勝でプレーオフまで迫った。2017シーズンは主力残留&新戦力も充実。押しも押されぬ優勝候補として、自チームの最終ラインと同じくらいハードルを上げて2018年を迎える。まるでまともなフロントに生まれ変わったようだ。

もちろん古参のジェフサポはすべてがフラグであること身に染みて理解しているので、周りが騒ぐたびに「頼む、静かに見守っててくれ」と祈っているに違いない。J2の沼はそれほど闇が深いのだ。監督がまたラインを上げ始めると危険信号である。

誤解のないように申し上げておくが、オリジナル10の一角であるジェフには、ぜひとも昇格してほしいと願っている

東京ヴェルディ1969

Jリーグ創成期からのファンにとって、きっと心のクラブに違いない。毎年どこかで気になってる。2番目に好きなクラブでブッチギリの1位(30代に限る)。そんなクラブである。

昨年はロティーナ監督を招聘し、近年になく戦術的に整備された、モダンなサッカーを披露。特に守備が劇的によくなった。

徳島のリカルド・ロドリゲス監督、ジェフの絵スナイデル監督と合わせて、スペイン監督三銃士と呼ばれているが、エスナイデルはきっと違う。

戦力的にはアンザイとアンザイが流出して大ピンチかと思いきや、ミスタービッグマウス・高井の加入でアンザイの方は埋まりそう。高井には結構期待している。いやホントに。順調に成長していってほしいし、代表の中心になってほしい。欧州主要リーグを目指してほしい。

しかしアンザイの方はそうはいかないので、ここをどうするか。比嘉で埋まるとは到底思えない。早速ユニフォームのネームを「GA-HI-」と登録して炎上している。ユニのネームは好きにすればいいとは思うが、そんなことしなければいいのにということを平気でやってのける、そこにしびれる憧れるのである。(実際はしびれないし憧れない)

ムードメーカーではあると思うので、どこかで一皮むけてくれれば確実にプラスに働いてくれるのだが、いつまでたっても剥けないので困ったものである。

内田達也もいい補強だし林もロマン枠として申し分ないので、2018シーズンはオリジナル10の2チームがJ1昇格をつかみ取るかもしれない。フラグでないことを本当に祈っている。

その他注目ポイント チーム編

ジュビロ磐田

7番を受け継いで終身名誉ボランチとして名波の後を継ぐかに思われた上田康太を岡山に放出。変わって名古屋の中盤を一人で支えてきた田口を迎え入れ、あろうことか7番を上げてしまう節操のなさ。個人的には田口は好きなタイプの選手だし、中村俊介にもさいごにもう一花咲かせてほしい。なにより面白い、考えさせらるサッカーをしている。この浮気の代償がどうでるか。

 

セレッソ大阪

お隣の気になるクラブで昨年2冠を取り調子に乗っている。女性サポーターが多いような気がしていたが、意外とガンバの方が多いという統計もあり、うらやましさは消えつつある。

出戻り組が多いと小バカにしていたが、よく考えたら当方も宇佐美、井手口、堂安と同じことが起こりそうな空気も漂っているので口を慎もうと思う。

田中アトムが加入したけどどんな選手だったかあんまり覚えていないのは秘密である。フィンランドで結果残しても欧州メインには移籍できなかったことを突き止めたのが最大の功績だろうか。

隣のクラブが強くないとダービーも盛り上がらないので、今年も頑張ろう。お互いに。

柏レイソル

地味に一番いい補強が出来てるのではないかと思う。今年も地味に3位くらいに滑り込み、ACLも予選リーグで敗退する予感がしている。

その他注目ポイント 選手編

ポドルスキ―

この人が輝かないと、またしばらく大枚はたいてビッグな補強をするチームが減りそう。ウェリントンはポストプレーヤーを欲しそうにしてたポドルスキーのパートナーとしては抜群の補完性はありそうだが、言うことを聞いてくれるのか。あとハーフナーどうすんの?

内田篤人

膝の重症から完全復活はあるか。メンタルや右サイドからの組み立てなどキャラ的には西とかぶっているが、コンディションが万全ならウッチーが上位互換。代表に復帰できるほど回復してたらうれしいが、せっかくポジションを獲得できてノリに乗ってる酒井のイカツイほうは心中穏やかではないだろう。個人的にはラームみたいにボランチやってほしい。

小野伸二

説明不要。小野伸二とは夢でありロマンそのものなのである。

森本貴幸

説明不要。森本とは…以下同文。ここで復活して20ゴールとか上げたらムネアツなのである。永遠のロマン枠。

堀米勇輝

2017年にヴァンフォーレに帰ってきた最高傑作。鎌田大地がフランクフルトに行ったいまとなっては、日本で最後のファンタジスタかもしれない。吉田監督のサッカーの方が絶対に合うはずなので躍進の年になってほしい。ビッグクラブに行くとファンタジスタやらせてもらえないので、このあたりの規模のクラブでずっとファンタジスタやっててほしい気もする。

庄司悦大

J2ナンバーワンの司令塔が満を持してJ1挑戦。パスサッカーで旋風を起こしていたベガルタというのはいい選択。大黒柱の三田の後釜というのはとっても荷が重いがどこまでやれるのか見てみたい。躍進したレノファの中心という、リーズの残党的なロマンを感じている。

久保建英

もちろん期待しないわけにはいかない。ボールの持ち方・アイデアは図抜けているが、日本式のサッカーにちょっとかみ合っていない気がする。でも久保君のスタイルがワールドスタンダードだと思うので、あんまりズッポリとJ仕様に仕上がる前にまた渡欧してほしい。

さいごに

上げていくとキリがありませんので、とりあえずこれくらい。DAZNマネーでの派手な補強というのはあまりありませんでしたが、まぁ今年使わないといけないこともないし、裏方や設備の充実に回してもいいし。とにかくワールドカップイヤーでもあるし、2018シーズンも今年以上に盛り上がることを願うばかりでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です