【エクセルだけでOK!】超絶簡単な透過ロゴの作り方

ブログをサクサク作っていくにあたって、最初に躓いたのが上部に置くロゴの作成。背景を透明にする「透過ロゴ」にしないといかにも取って付けた感が出てしまうのですが、そこは超絶初心者を自負する僕なので、フリーソフトなんかもちょっとわかんないなと。

…というわけで、ひとまずエクセルだけで透過ロゴを簡単に作れる方法をご紹介します。もちろんもっとキレイなロゴも作れるんですが、ひとまず体裁は整えられます。もっと沼にハマっていきたい方はさらなる深淵を目指してください。

エクセルだけで透過ロゴを作ろう

STEP1 ロゴの画像データを作る

まずは普通にテキストボックスで採用したいロゴを作っていきましょう。エクセルのデフォルトで用意されているフォントには、日本語の書体は限られていますが、アルファベットは割と多数そろえられています。今回は「Showcard Gothic」

ちなみに僕は白のロゴを作りましたが、わかりやすいように黒にしています。悪しからず。

 

ロゴにしたい部分をドラッグ。

 

背景を白にしておきましょう。別に白でなくても構いません。色を変えた部分が最終的に透明になります

あとは白塗りした部分をドラッグして貼り付け。貼り付けるときは「その他貼り付けオプション」から「図」として貼り付けを選択してください。

 

たまに白抜きで選択した場所に重なって生成されるので「ん?できてねぇじゃん」となりますが、ドラッグしてみてください。ピッタリ重なってるのでわかりづらいだけです。

STEP2 背景を透明にする

続いて白塗り箇所を透明にしていきましょう。さっき作った画像データを選択すると書式タブが選択できます。書式>色>透明色を指定をクリック。

 

ポインタが変な形になるので、それで透明にしたいところ(今回は背景の白)をクリックしたら完成です。余白部分が余計なら、ここでトリミングしておきましょう。別に後でもいいですが、ついでです。

 

STEP3 画像データとして使えるように保存

このままエクセルとして保存したのでは、ブログで使うことができませんので、htmlに保存形式を変えて保存します。保存形式?なにそれオイシーノ?という僕みたいな方は深く考えなくてOKです。言われるがままに突っ走ってください。

わかりやすいように画像データを作る際に作った元データを消していますが、もちろん残しておいた方が後で修正が効くので必ず残しておきましょう。

 

ファイル>名前を付けて保存で保存していきますが、ファイル名の下の「ファイルの種類」からWebページを選択してください。

 

すると画面がこんな感じになるので、矢印の「選択範囲」という方にチェックを入れて「保存」

 

するとこういう感じになります。ここで発行をクリックすると完了。指定したフォルダにロゴデータができていますので、後はお好きなようにお使いください。

注意点

簡単にはできますが、そこは簡易な方法なので、よく見るとアラが目立ちます。

拡大するとこのようにカクカクしています。モバイルで見る分には我慢できますが、下のフォントの滑らかさと比べると天と地の差がありますね。

気になるようでしたら、こんなフリーソフトもあります。

手軽に透明png

「フィニッシュ」という、カクカクした部分を滑らかに仕上げてくれる機能があるので、ある程度は補完されると思います。フリーソフトなので自己責任でご使用ください。僕の環境だとフリーソフトは使えませんので使ったことありません。(無責任。)

さいごに

以上、みんな大好きエクセルだけで透過ロゴを作る方法でした。とりあえずこれで間に合わせておいて、スキルが上がってきたらほかの方法でもっときれいなサイトに仕上げていけばいいんじゃないかと僕は思っています。

それより記事の充実が先だな。がんばろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です