【看板の無い隠れ家】 「高知県芸西村 土佐鴨 日本橋」初めての鴨レバー、ハツは衝撃のうまさ!

4月から東京へ異動することになりました。出張ってめんどくさい面もあるんですが、子育てが始まってからは夜にひとりを満喫できる貴重な時間。あと数回しかないこの時間を有意義に過ごしたいものです。

今回は表に看板が出ていないお店でした。隠れ家を探すつもりはないんですが、今回もまた隠れ家的なお店。たどり着くのに四苦八苦しましたが、苦労した甲斐のあるおいしいお料理をいただけました。

高知県芸西村 土佐鴨 日本橋

>>店舗情報はこちらを参照
https://r.gnavi.co.jp/b4cp317z0000/

お店の場所が見つからない!一回目は絶対迷う!

googleマップでお店を検索すると、ルートがこのように表示されて、なにもない裏路地に連れていかれます。

実際は表通りの印をつけた方が入口。はっきり言って、絶対に迷います

googleマップ

お店入口

この建物の4階です。表にはごらんの通り看板一つありません。見つけさせる気ないよね。

勇気を出してエレベーターに乗り込むと、ここで初めて店名が出てきます。

藁焼きカツオと鴨料理が絶品

カツオの藁焼き

こちらはカツオの藁焼き1,300円。肉厚で口に入れるとほどよい藁の香りが広がります。ミョウガと醤油の組み合わせも鉄板ですが、カツオ自体の味が凄いので、シンプルに塩だけでも試してみてほしい。

時折、店内に藁焼きの炎が立ち上がります。

焼き物3種

焼き物はセセリとハツ。それぞれ400円。鴨はもちろんロースが定番。ですが、内臓系はほとんど見たことがありません。鴨の内臓を提供しているお店自体が希少なんだとか。

奥の串はハツモトという心臓の近くの血管。これはメニュー外。たまたま新鮮な部位があったからと串焼きでサービスしてくれました。店長さん、ありがとう。

食感は通常の焼き鳥のハツやセセリと似ていますが、肉としての味の濃さ?種類?が違います。鴨独特の香りが噛むほどに出てきます。臭みかでは全くありません。

初めて食べたんですがかなり衝撃的なおいしさでした。赤ワインとかも合いそう。

鴨レバー

さらに貴重な鴨のレバー。こっちももっと衝撃を受けましたね。こちらも変なクセやにおいはありませんが、プリッとした歯ごたえと他のどのレバーとも違う独特な肉の味。これも新鮮だからこそですね。

さいごに

接待にもデートにも使えますし、おひとり様でカウンターにいても全く問題ない。このお店を知ってると、ちょっと「おっ」と見直されるそんな隠れ家でした。ボキャブラリーが乏しくてたぶんうまさの3割くらいしか伝わってないような気がします。

ここは是非実際に足を運んで食べてみてほしい。知ってると他の人に自慢したくなっちゃう。でも混み合っちゃうとイヤなので、あんまり行ってほしくもないような…

そんな複雑な気分です。

日本酒のメニューも豊富なので、仕事帰りにフラッとよって、カツオを肴に日本酒を軽く… なんて粋なオヤジになりたいものです。

奥さんも連れてきてあげたいですが、1歳の子連れはちょっとな。

お店情報

住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-2-4 せっつビル4F
TEL tel 03-6262-5020
アクセス 地下鉄銀座線 日本橋駅 B5番出口 徒歩1分
地下鉄東西線 日本橋駅 B5番出口 徒歩1分
JR 東京駅 八重洲北口 徒歩3分
営業時間 月~金
11:30~14:00
(L.O.13:30)
17:00~23:30
(L.O.23:00)土
17:00~23:00
(L.O.22:30)
定休日 日曜日、祝日
平均予算 5,000円(通常平均)
5,000円(宴会平均)
1,000円(ランチ平均)
クレジットカード VISA、MasterCard、UC、DC、UFJ、
ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレス
JCB、NICOS、MUFG
個室 掘りごたつ個室あり(1室/5名~8名様用/扉・壁あり)
テーブル個室あり(1室/7名~12名様用/扉・壁あり)
その他 店内全面禁煙(店外・屋外に喫煙スペースあり)

公式HP:http://www.funfunction.co.jp/shopinfo/tosagamo/

予約はこちらから:https://r.gnavi.co.jp/b4cp317z0000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です