【サッカー日本代表】VS マリ、VS ウクライナのメンバー決定! 予想は大外れ笑

本番が近づいてきておしりがムズムズする毎日を過ごしていますよね?

ロシアワールドカップに向けた代表戦のメンバーが3/15に発表されました。個人的には結構サプライズではあったんですが、ハリルホジッチ監督のこだわりや思惑も見え隠れする選考だった気がします。

VS マリ、VS ウクライナの日本代表メンバー

▽GK
川島永嗣(メス)
中村航輔(柏)
東口順昭(G大阪)

▽DF
酒井宏樹(マルセイユ)
遠藤航(浦和)
長友佑都(ガラタサライ)
車屋紳太郎(川崎F)
宇賀神友弥(浦和)
昌子源(鹿島)
植田直通(鹿島)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)

▽MF
長谷部誠(フランクフルト)
三竿健斗(鹿島)
山口蛍(C大阪)
大島僚太(川崎F)
柴崎岳(ヘタフェ)
森岡亮太(アンデルレヒト)

▽FW
久保裕也(ゲント)
本田圭佑(パチューカ)
原口元気(デュッセルドルフ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
小林悠(川崎F)
杉本健勇(C大阪)
大迫勇也(ケルン)

以上の26名が選出されました。

先日のぼくの予想から外れていたのが赤字。真っ赤ですね、ハズ。

関連記事
[post id=”2002″]

GK 中村航に期待

川島永嗣(メス)
中村航輔(柏)
東口順昭(G大阪)

ここは順当。東口と西川は正直どちらかだと。ここは最後までわからない争いが続きそう。

個人的には2戦とも中村航で行ってほしい。実力的にも次を担うタレントという扱いではなくゴリゴリの本命でしょう。川島は「あ、やられた」と思ったシーンで8割くらいやられてるイメージがあるのに対し、中村航は8割くらいストップしている印象。

もちろん本当はそんなことないんでしょうが、GKってそういう印象でチームを勢いづけるのも大事。

なにより川島のたまに出す凡ミスはチームのテンションを思いっきり引き下げるので、バックアッパーとして眉間に皺をよせ続けてほしい。

DF 吉田麻のバックアップどうする問題

酒井宏樹(マルセイユ)
遠藤航(浦和)
長友佑都(ガラタサライ)
車屋紳太郎(川崎F)
宇賀神友弥(浦和)
昌子源(鹿島)
植田直通(鹿島)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)

ここは(というかほぼ全部ですが)大外れ。

ケガの吉田はしょうがない。本大会でもよほどのことがない限り外さないし、ここでもとりあえず召集はするかと思いましたが。

吉田に緊急事態が起こった時の代役に昌子を考えていたんだと思いますが、先日のE-1選手権でアタフタ。見た目で32歳くらいのベテランだと勘違いしている可能性があるので誰かハリルさんに教えてあげてほしい。

吉田の代役探しが振り出しに戻ったこともあって森重再招集だと思いますが、ここもコンディションが微妙でたぶん出場はしない。

なので中心は槙野、昌子になりそうだけど、いずれにしても植田を早々に起用してほしい。できれば2試合とも。

ビルドアップの貢献や統率力といった要素が最近のCBには求められているものの、やっぱり基本の基本ははじき返す力であることは間違いない。そういった面で一番期待できるのが植田だし、高さや速さの面で森重や昌子は後手を踏みそう。

遠藤は、やっぱり強さが欲しい場面でまだ起用される可能性があるのと、ポリバレントという面でもディフェンスならどの位置でもある程度計算が立つのでもう少し見ていたいのかな。

左は長友が当確。ガラタサライでもコミュ力お化けの実力をいかんなく発揮し、もはや溶け込んでいる。マテラッツイやカッサーノをたらしこんだテクニックは伊達ではないことをトルコの地でも証明した。出場機会にも恵まれ、キレもグングンと取り戻しているので、このまま順調にシーズンを過ごしてもらいたい。

個人的には最大のサプライズは宇賀神。何を期待してどこでの起用を想定しているのかさっぱりわからない。コメントでは「車屋と宇賀神の競争が始まる、見極めはこれから」といった趣旨の発言があったので、今回で見極めかな。

酒井高徳はある程度メドがたってるので、今回思うように成果が無ければ本大会は酒井高でという感じでしょうか。

MF ハリルは大島をあきらめない!

長谷部誠(フランクフルト)
三竿健斗(鹿島)
山口蛍(C大阪)
大島僚太(川崎F)
柴崎岳(ヘタフェ)
森岡亮太(アンデルレヒト)

長谷部と山口は本大会もほぼ当確なことが監督コメントからもうかがえる。あと山口にもっと攻撃で違いを出してほしいというモヤモヤした思いも一緒だなと安心した。

三竿は中盤での力強さに加えて、ゲームメイクもある程度できるという点ではJではトップクラスなので、どこまでできるのか楽しみ。そういえばいつの間にか永木がいなくなってたけど、鹿島でも代表でも永木のポジションを奪っているので、練習中に耳元で嫌味をささやいてくるなど、私生活に影響が出ないか心配。

オフェンシブなほうではさすがに香川が呼べないのは想定内。ただ長澤が外れたのはサプライズ。一定以上の活躍はしていたし、今後に期待が持てる感じだったので、5月のガーナ戦は呼ばれるんだろう。

そしてやっぱりまだ大島をあきらめきれないんだなというのもよくわかった。普通に考えると、デビュー戦で手も足も出せず、復帰したE-1選手権でも負傷。もってない選手だなと思ったし、もう間に合わないと大多数の人が思っただろう。

でも香川も清武もいないし、本番も微妙となるとフィニッシュに至る部分で差を出せる選手がいない。

井手口は例え呼ばれたとしてもそういう選手でもない。中盤が3枚だとして、2枚が長谷部と山口だとすると、やはり変化をつける選手が一人はほしい。

カウンターサッカーで縦に急ぐとしても、そこに必ず崩しが必要。イマジネーションあるプレー、意表をつく選択がないとなかなか得点までは結びつかない。

こういうタイプの選手を毛嫌いしているかのような報道も目につきますが、そうではなく、ハリルもそこは絶対に必要としている。ただし日本とその他の国との力関係のなかで、守備で計算が立たない選手を起用するわけにはいかず、中盤での守備力を担保するために、しょうがなく守備に特徴のある選手を3人起用していたに過ぎないんだと思います。

なので森岡、大島の両名には、そういった部分でかなり期待がうかがえる。

柴崎岳も守備の部分がかなり向上してきたので、このタイミングで召集。ただしクラブレベルでポジションを失いつつあるのが心配。守備はある程度メドが立ってきたが、もっとも期待されていた攻撃面での貢献が低くてちょっときびしい。

香川のコンディションが万全なら1枠は香川で問題ない。

FW 宇佐美だってあきらめない!

久保裕也(ゲント)
本田圭佑(パチューカ)
原口元気(デュッセルドルフ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
小林悠(川崎F)
杉本健勇(C大阪)
大迫勇也(ケルン)

この枠のトピックスは本田の復帰と中島の初選出。

点が取れる。もしくはゴールに直結する働きをなによりも求めているということが伺える。だからといって乾や岡崎が完全に構想外というわけではないと思う。この中から使えそうだと思った選手をピックアップするのが今回の最大の目標かなと。

中島が結果を出しているのは言うまでもないし、本田もかなりコンディションがよさそう。大迫を起点としたカウンターは、必ず追い越す動きが必要になってきて、カウンターのカウンターを受けた際、守備陣形がガタガタになるという懸念があるけど、本田がサイドでカウンターの起点になれるなら、ワントップにスピードタイプを追いて裏抜け一発も狙える。その方が守備時のリスクが少ない。

ミドルシュートもあって、セットプレーの守備においても貢献できるので本田は呼んでおいて損はないと思う。

そしてやっぱり大好き宇佐美。宇佐美の才能はやっぱり監督としてはあきらめきれないんでしょうね。ドリブルからのシュートやチャンスメイク、セットプレーのキッカーも含めて、今ハリルが喉から手が出るくらいほしいタイプの選手。

ただ、最近結果を出し始めたとはいえ2部だし、だったら堂安でもという気もするんだけど、堂安は本戦でのマフレズ枠かもしれないので、今は内緒にしておこう。もしかしたらハリルの身内が宇佐美に人質に取られているのかもしれないし。

本大会以降もずっと内緒かもしれないけど。

大迫はやっぱりこのポジションでは別格。なんだかんだ言ってもここまでボールをキープできる選手はほかにいない。中盤の選手が3枚とも守備に特徴のある選手になってしまうと、大迫がが厳しくなるともう攻め手がなくなるほど依存度が高い。

そういう意味でも森岡と柴崎岳は今後重要になってくる。

絶対自分でシュート撃つマンの中島は、本田さんにはかわいがられそうだし、海外組的にはあんまり違和感なく受け入れられそうではあるものの、小林悠とか杉本健勇には嫌われるかもしれない。

ただ、FC東京にいるときはそのシュートがまったく決まる気がしなかったものだが、最近メチャメチャ決まるのでポルトガルのゴールはちょっとだけでかいんじゃないかと個人的には疑っている。

乾はここには呼ばれていないものの、序列はまだまだ上位なはずなので、何とか点を取ってほしい。岡崎の立場は相当に危ない。こちらはゴールをまとめ取りでもしないと本戦でメンバー外も十分あり得そう。

さいごに

今回は特に前目のポジションで、まだテスト色のつよいメンバー選考になりました。ハリルホジッチ監督は5月30日のガーナ戦のあと、5月31日に本大会のメンバーを発表すると明言しているので特にキャップ数の少ないメンバーはこの2試合は正念場。

個人的には中村航、植田、大島、柴崎岳、森岡、中島、本田、宇佐美あたりにかなり期待しています。

ハリルと同じく、ぼくも宇佐美と大島をあきらめない!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です