伏見地下街にアジアの風 ランチに最適なベトナムサンドイッチの店「アオサンズ」

名古屋中心地にある不思議スポット、「伏見地下街」。個性的なお店が立ち並んでいて、かつての空気を一新しているんですが、その中でも異色な雰囲気のお店をみつけました。

それがベトナムサンドイッチの店「アオサンズ」

関連記事
[post id=”1671″]

ベトナムサンドイッチ専門店「アオサンズ」

>>お店情報はこちら
食べログ:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23062929/

メインのメニューは「バインミー」

「バインミー」って言葉聞いたことありますか? ぼくは初めてでした。ちなみにベトナム風のサンドイッチのことのようです。

バインミー(ベトナム語: bánh mì, bánh mỳ)は、ベトナムのサンドイッチである。

長さ20センチメートルほどの柔らかいフランスパン(バゲット)に切り込みを入れ、バター、パテを塗り、野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、ヌクマム(魚醤)を振り掛ける。携帯性のよさから屋台だけでなく、バスターミナルなどでは駅弁がわりとして新聞紙に包んでも売られる庶民のファーストフード。同じくフランスの植民地支配を受けたカンボジア、ラオスでも一般化している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC

この紹介の通りですが、最大の特徴はレバーペーストが挟まってること

夜は居酒屋に

店内の壁には日本書のラベルが貼りまくってあります。なんだろうと思ったら、夜は同じお店で居酒屋さんをやっているとのこと。「アオサンズ」は昼だけのお店で、夜になると店員さんもゴロっと変わるそうです。

伏見地下街はこの形態のお店が多いようですね。

ランチセットをいただきました

レバーペーストはチキンがポークかが選べました。今回はポークレバーのペーストを選択。ポークのって結構めずらしいですよね?

ランチのセットにはフォーがついてきます。

バケットも歯ごたえがあって、ボリュームも満点。大根と人参のナマスの酸味が、パクチーの独特の香りとあいまって、イイ感じにアクセントになっています。ポークレバーも臭みは全くありません。なますの酸味、パクチーの香り、レバーの食感が絡み合ってきてクセになりそう。

これは美味しい!

これだけでもそこそこのボリュームなのに、セットで出てくるフォーもあっさりとしていてツルンと食べてしまえました。

成人男性のお昼ごはんとしても満足できるはずです。

ランチタイムを迎えると、テイクアウトのお客さんで混み合ってきました。ズラッと行列ができるほどではありませんが、お客さんが絶えることはなく、繁盛しているようです。

まぁそれも納得。

さいごに

ここもっと早く知っていれば、何回も通いたかったんですが、東京に転勤してしまっては後の祭り。ちょっと悔しい。

また名古屋に行った際には立ち寄りたい店ですが、他にもたくさんおいしいところあるしな…

ちなみにアオサンズの店長さん、ブログもどんどん更新されているようですよ。

http://aosuns-banhmi.hatenablog.com/

お店情報

ベトナムサンドイッチ「アオサンズ」

所在地:地下鉄伏見駅東改札直結錦通長者町交差点地下伏見地下街E出入り口

営業日:火曜日〜金曜日(10時〜14時30分)、土曜日(10時30分〜14時)

定休日:日曜日、月曜日

電話:090-9123-3580(ホームページを見たと連絡下さい。)

公式HP:http://aosuns.win/

食べログ:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23062929/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です