50代でも関係ない! 転職市場で年齢の壁が崩れ始めた!

こんにちは! 子育てサラリーマンまとん(@mstokwky)です。

お昼休憩中にYahoo!ニュースを見ていたらこんな記事を目にしました。

 Yahoo!ニュース 
転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む(SankeiBiz) -...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000000-fsi-bus_all
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。就職・転職サー - Yahoo!ニュース(SankeiBiz)

年齢によってボーダーラインを引かれていた転職市場が、社会情勢の変化を受けて変わりつつあるようです。

50代でも新卒とかわらない売り手市場だそうですね。

能力重視の流れは50代に限らず、転職を考えてる人にとってドンドン追い風になるはずです。

この記事は50代にフォーカスしていますが、記事で言及したいことの本質は別。

年齢やその他の背景ではなく、あくまで能力を重視する転職市場ができつつあるということでした

転職も年齢ではなく、「能力」を重視する時代になって来た

実際に、うちの会社でも50代以上の人材を積極採用しようという動きがあります。

不動産サービスなので、現場設備員から営業マン、フロント対応やそのマネジメントなど、能力によって受け入れ先が多いことも積極的に採用できる理由です。

会社の専門性が強かったり、規模がそんなに大きくなかったりすると、どうしても異動先の部署が限られてしまいませんか?

自分のやりたいことや能力と実際に与えられた業務とのギャップが大きくなってもこれまではガマンするしかないという状況が続いていました。

能力もやりたいこともある。それなのに年齢だけがネックとなり、転職したくても自動的にカットされていた。

そんな状況がようやく改善されつつあるということです。

能力重視の転職市場こそあるべき姿

能力重視の転職市場が大きくなることは社会にとっても働く人にとっても非常にいいことですよね。

なにか違和感を抱えながら働き続けていた人は、広く社会に自分の価値を問いかけて、ほしいと言ってくれたところに転職することができます。

燻っていた能力を違う職場で開花させることができれば、社会全体としても生産性が上がっていきます。

元の会社としても空いたポストにまた他の、もっとそれをやりたい人を内外部から配置すればいいわけです。

社会全体が能力のムダを省いて、効率よく循環していくいい流れになってきました。

かなり情勢は変わって来たとはいえ、まだ日本は新卒採用として同じタイミングで会社に迎え入れ、その人材を最後まで面倒を見ることが美徳というか社会のあるべき姿として疑われることすらありませんでした。

それがようやく、年功序列や終身雇用から脱して、「その人の能力が必要かどうか」にフォーカスされつつあります。

ガマンは無駄 転職したほうが絶対幸せ

いままで在籍年数にあぐらを掻いて安穏としていた人たちには受難の時代がやってきますが、能力に応じて適切な対価が支払われるのがあるべき姿であると思います。

いまの待遇や、人間関係に不満があるのであれば、そこで働き続けるのはもう時代遅れ。

転職へのネガティブなイメージなんて誰も持ってないのに、それに縛られて動かないのはバカらしいし時間のムダ。

人生の大半は働いている時間。それなのにその時間を浪費に使うのはやめましょう

仮に転職して待遇が下がっても、人間関係ややりたくないことを続けることのストレスが無くなるんであれば、それも立派な成功例です。

いくつか転職サイトに登録するでもいいし、時間があればエージェントに相談に乗ってもらうのもいい。

思ってるより相当ハードルは低いはずです。

転職活動ならスカウト型の「Switch.」がおすすめ。Facebookでサクッと登録すると企業側からアプローチしてくれます。

Switchに登録してスカウトを待つ

ちなみに転職サイトと転職エージェントなら圧倒的に後者がオススメです。

関連記事>>転職するならリクナビよりもリクルートエージェントがおすすめ
[post id=”2995″]

さいごに

知り合いや、お客さんでもここ数年で転職したという話をよく聞くようになりました。

働き方改革が少しずつ進んでいるからかもしれませんが、やはりこういうのがあるべき姿だと思います。

給料か、環境か、人によってはその両方。

自分の努力とその結果身に付いた能力とで勝ち取ることができる社会になっていってほしいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です