【レビュー】マット不要のふとん乾燥機 アイリスオーヤマ『カラリエ FK-C2-WP』がおすすめ!

こんにちわ。まとんです。

突然ですがみなさん、布団って干してますか?

布団干すのって、すさまじくメンドクサイですよね。かさばる布団をベランダまで運んで、物干し竿の高さまでもちあげてかける。男性でもかなり骨の折れる仕事ですし、女性にとっては言わずもがな。

アイリスオーヤマの布団乾燥機を買ってから、そんなわずらわしさから解放されました。

じめじめした梅雨の時期や台風シーズンにカラッ乾燥した寝具で眠りたくないですか?

めちゃくちゃ寒い冬、ほかほかでふっくらした布団にくるまれる幸せったらないですよね!

そんなちょっとした贅沢を実現できるこのアイリスオーヤマの布団乾燥機『カラリエ FK-C2-WP』。率直に言って一刻も手に入れることをお勧めします。

なんでもっと早く買わなかったんだろう…

アイリスオーヤマの布団乾燥機『カラリエ FK-C2-WP』が超おすすめ!

ここがおすすめ!

  • 専用マットがいらない超お手軽操作
  • 「夏モード」で、サラッと快適
  • 寝具が快適なら毎日幸せ!

『カラリエ FK-C2-WP』の使い方 マット不要で超簡単!

ふとん乾燥機の面倒なのが専用マット。マットを広げてマットと布団の間に挟んであたため。終わったらそのマットを折りたたんで収納…

こういうのですね。ふとんを干すのが面倒だと言ってるのに、このマットの出し入れも面倒だと本末転倒。それができるようなマメな人はきっと毎日ふとんを干せる人。

『カラリエ FK-C2-WP』はそんなわずらわしさは皆無。ノズルをマットと掛け布団の間に差し込んで、ボタンをポンで終了です。

36cm×18cmとかなりコンパクトに収納できて持ち運びも楽ちん!持ち運びが億劫だと絶対使わなくなります。

収納時はこんな感じ。

ノズルを伸ばすとこんな感じですね。

ノズルを伸ばしてセッティング。

上から寝具をかけてボタンを押すだけ。ほんとにこれだけで寝具の端まで温風が行き届きます

秘密はこの「立体ノズル」という、ノズルの先の立ち上がり。たったこれだけのギミックですが、このパーツが作る隙間が温風を隅々

まで送り届ける秘密です。まさに目から鱗。

寝具のサイズはダブルまで対応しています

冬モード(60分)で運転した際のサーモグラフィ画像

公式サイトのテストでは、本当に端っこまで暖かくなってますね。実際に使ってみても端が冷たいなんてことはありませんでした。

『カラリエ FK-C2-WP』の機能 夏モードが秀逸!

ボタンはここにあるだけ。基本はすべてオートで行います。

『モード選択』で任意のモードを選び、スタートを押すだけです。残り時間が表示されるのが分かりやすくてありがたい。

モード 時間(分) 用途
ふとん乾燥モード 60分 寒い時期にふとんを乾燥したいとき
80分 暑い時期にふとんを乾燥したいとき
あたためモード 20分 おやすみ前にふとんをあたためたいとき
ダニモード 100分 ふとんのダニ対策をしたいとき
手動モード 温度と運転時間を変えて乾燥したいとき

痒い所に手が届いてるなと思ったの『カラリエ FK-C2-WP』が「夏モード」。温風の後に送風運転を行って、ふとんの熱を取っておいてくれます。暑い時期はカラッとしておいてほしいですが、ふとんがほかほかなのは逆にキツイ。

このへんの気遣いはアイリスオーヤマっぽいですね。

寝具が快適だと幸せ!

睡眠の質が生活の質を左右することはもはや言うまでもないですが、そんな固いことを抜きにしても毎日フカフカに仕上がった寝具で眠れるって、控えめに言って最高じゃないですか?

雨天続きでじめじめする季節。外に布団を干すこともできなくても毎日カラッとした布団で眠ることができます。

キンッキンに寒い冬。寝る前に『カラリエ FK-C2-WP』をセットしておけばあったかい布団にくるまれて眠れます。

一人暮らしでもファミリーでも、まさに一家に一台持っておくことをお勧めしたいですね!

ダニ退治に天日干しは意味なし! 温風×掃除機が正解

ダニを死滅させるのには、60度の温度を20分キープする必要があります。天日干しではその温度にまで寝具が上がることはありません。

誤解されてる方も多いと思いますが、天日干しはダニを死滅させることはほとんどできません。布団が吸い込んだ水分を飛ばし、ダニの生息しにくい環境を作るだけ。ダニそのものを退治することはできていないのです。

ダニ退治ならこの『カラリエ FK-C2-WP』と掃除機のコンボが最強。温風で死滅させ、布団ノズル付きの掃除機で死骸を吸い込むのが正しい対応です。

布団たたきでたたくと、ダニの死骸を粉々にして、アレルゲン物質をより取り込みやすくしてしまうので絶対にやめましょう。

寝室の湿気の原因はだいたい寝具

寝室って、ほかの部屋に比べてなんだか湿気ていますよね。それ、ほとんどが寝具が原因です。

人は寝ている間に500ml程度の汗をかくといわれています。ペットボトル1本を毎晩ベッドにぶちまけてるのを想像してみてください。そりゃあ湿気ますよね。

あんなにでっかい寝具が、休むことなく日中に吸い込んだ湿気を放出しまくってるんです。エアコンのドライを付けたところで追いつくわけもなく、あえなく寝室の湿度が上がりまくります。

寝具の湿気を取ることが寝室の不快な湿度を改善する近道です。

さいごに

一人ぐらしの万年床にこそ本当は使ってほしい『カラリエ FK-C2-WP』。毎日シーツを洗うことはできないですが、これやっとくだけで、部屋の湿気やにおいが劇的に改善されますよ。

ワンルームに住んでる人が多いと思うんですが、寝具の湿気がもろに部屋の不快感につながりますからね。

買って後悔させない自信がある『カラリエ FK-C2-WP』。もっと早くかっておけばよかったと後悔すること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です