【レビュー】iPhone Xs 純正レザーケース Appleのこだわりが詰まった経年変化が楽しめるケース

こんにちは。まとんです。

iPhoneXsがついに発売されましたね。発売日当日、銀座店は長蛇の列でした。ぼくは配達にしていたのでおうちでひっそりと受け取りましたが。

iPhoneを買ったらまずはケースとフィルム。ケースを選ぶのもiPhoneの楽しみの一つ。

手に触れる頻度という意味ではこれ以上のモノはないと思われるiPhone。無機質なプロダクトですが相棒と呼ぶにふさわしいアイテムです。

そんな相棒に、日々自分と一緒に成長を感じられるAppleの純正レザーケースを購入することにしました。

初めてAppleの純正ケースを購入したのですが、細部へのこだわりや仕上がりに大満足です。

 

ガラスフィルムは1000円前後なのに2枚入っていて驚異の3年保証もついているNimaso液晶保護ガラスフィルムがおすすめ!

iPhone Xs 用純正レザーケースを開封

開封の儀式と呼ぶにはあっけない。まあシンプルなケースですからね。

内側はフワッとしたフェルト素材。ちょっとした衝撃は吸収して、大切な(とても高価な)iPhoneXSをしっかり守ってくれます。

iPhone Xs 用純正レザーケースを付けてみました

普通にはめるだけです。

ブラックで統一感を出すか、コスモブルーの深みのある色にするのか激しく悩みましたが、この『サドルブラウン』を選ぶことにしました。

経年変化が一番強く出そうなのがこの色でしたし、天然素材であるやわらかなブラウンレザーとiPhoneXsの無機質でキリっとしたブラックのコントラストも好みでした

天然素材×無機質なプロダクトという組み合わせに最近とても魅力を感じます。

hacoaなんかまさにそうですよね。

今はつるんとしたこのレザーケースが、どう変化していくのか楽しみです。

細部に見えるAppleのこだわり

一見するとシンプルなレザーケースですが、5,800円もするのには理由があります。製品に並々ならぬ情熱を注ぐAppleならではのこだわりが、このレザーケースにも詰め込まれています。

ケースの外側には一切の継ぎ目が出てきません。特殊な型押しで作られていて、革製品であるにも関わらず、シリコンケースのような丸みを帯びています。

表面のエッジ部分はiPhone本体のディスプレイより数ミリ盛り上がっています。これのおかげで、ディスプレイを下にして置いてもガラス面が床や机に直接触れることがないように設計されています。

ぼくはさらにガラスフィルムを付けていますが、フィルムを貼りたくない人も安心感が増しますね。

6以降、iPhoneの背面カメラのレンズは本体から飛び出すようなデザインになっています。ちょっとここは何とかしてほしいんですが、カメラの高性能化に伴ってある程度仕方ないのかもしれません。

とはいえ、この状態で背面を下にして机に置くのはかなりの勇気が必要です。

純正なので当たり前ですが1mmのずれもなくレンズ周りが収まり、飛び出していた部分もフラットになりました。精度の高さはさすが。

端子やボタンの使い勝手は?

サイドのボタンはケース本体と同色のアルミ仕上げ。銅のような鈍い輝きです。しっかりとしたクリック感があって元の操作性を殺していません。サイレントの部分もまったくズレることなく、穴の中心に来ていますね。

こういった穴の部分のレザーも淵をきちんと均一に丸みを取っていて、仕上げの細かさもとても気に入っています

もう片方のボタン部分はこんな感じ。うん、かっこいい!

Lighting端子とスピーカーが並ぶ下の部分は大きく開口されています。端子部分には干渉しませんので、普通に充電できますね

コーナー部分で支える形ですが、ぐらつきは全くありません。たまに取り外しの際に割れそうになるケースもありますが、この純正レザーケースは全く隙間なく収まっているにも関わらず、無理なく取り外せます。

カメラ周りを改めて。当たり前ですがカメラ撮影時に不自然に影になったり映り込むことはありません。リンゴマークのエンボス加工もワンポイントのアクセントになっています。シンプルなスムースレザーケースに陰影で表情を付けてくれていますね

その他iPhone Xsのおすすめケースはこちら

純正レザーケースに決めるまで迷いまくったケース達です。どれもとてもおすすめできるので、iPhone Xs のケースを探しているなら参考にしてみてください。

もう一つの純正レザーケース 手帳型のレザーフォリオ

 

ここがおすすめ!

  • オートスリープ機能
  • カードが収納できるからこれだけでおでかけ可
  • 細部の精度がすごいさすがのAppleクオリティ

 

オートスリープ機能が搭載されているので、閉じればスリープ、開ければ起動。これが結構気持ちいい。画面保護の観点からも、手帳型を選ぶ人も多いですね。

ヨーロピアンレザーの質感が高くて、通常のレザーケースに比べてエレガントな印象を受けます。

均一なステッチの美しさやカメラ周りのなめらかな仕上げなどをなめる様に見尽くしてほしい。

カードポケットは2つ。ここにカード1枚と紙幣、PASMOくらいを忍ばせておけば、Apple Payとの合わせ技でキャッシュレスがはかどります。カードポケットは割と厚みのあるものまで収納することができますが、形が崩れるので1~3枚程度に収めておくのがオススメ。

1万円オーバーと高価だからか、使ってる人もあまり見かけないので純正ですが被ることはあまりないはずです。ケースだと思うとちょっと高価な気がしますが、このレベルの作りこみをしているレザーアイテムだと考えると納得の金額ではないでしょうか。

レザーの手帳型を探しているなら、純正だからと敬遠せずにぜひ見てほしい。

豊富なカラバリから選べる Apple 純正シリコンケース

 

ここがおすすめ!

  • 豊富なカラーバリエーション
  • 保護力抜群
  • 純正ならではのデザインとフィット感

Apple純正ならこちらを選ぶ人が多いような気がするもう一つの人気ケース。カラーバリエーションが豊富で好きな色を選べるのが魅力です。

 

安っぽくなりがちなシリコンケースではあるものの、そこはさすがAppleのデザイン力。実際に見て触ってみればわかるんですがこちらも素材感が絶妙で、チープな印象は全くありません。

カメラの穴の部分やケースの角、ディスプレイの淵の部分など細部の作りこみや滑らかさも見てて惚れ惚れするので、ぜひ細かいところを変態的に眺めてほしい。iPhoneを別のデザインに仕上げたようななじんだ感じは純正ならではです。

iPhoneのデザインをみせたいならSpigenのクリアケース

 

ここがおすすめ!

  • iPhoneのデザインを活かせる高い透明度
  • ミルスペック準拠の高い保護力
  • ベーシックで安心感のあるデザイン

 

Amazonのトップ3を独占するSpigenのクリアケース。iPhoneそのものデザインを邪魔しない、透明度の高いケースです。

特筆すべきは保護力です。iPhoneはガラスの硬度を上げるなど、割れにくい工夫を何代にもわたって積み上げていますが、ガラスである以上、角から落ちると一撃で割れてしまいます。

Spigenのケースはバンパー部分には衝撃吸収力のあるTPU素材を使用しているので、角からへの落下に非常に強いんです。ケースの各コーナー内側部分に落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術”エアクッションテクノロジー”を採用して、さらに防御力を高めています。

背面は耐衝撃、耐熱、柔軟性を持ち合わせたプリカーボネート素材を使い、iPhoneをあらゆる衝撃から守ってくれます。

どのケースにするか迷っているなら、とりあえず最初の一つに選んでおけば間違いない!

 

ガラスフィルムも一緒にどうぞ

ガラスフィルムは999円なのに2枚入っていて驚異の3年保証もついているNimaso液晶保護ガラスフィルムがおすすめ

256GBだと14万円を超える高級ガジェットなので、急いで貼り付けましょう。

以下の条件であれば3年間は交換してくれるらしいですよ。

すごい!

本製品は3年保証サービス付きなので、どの場面が適用されますか、詳しく説明させて頂きます。

①初期不良

開封した時点で、

「ガラスフィルムが割れていた・・・」

「フィルムの表面が傷が付いてしまった・・・」

「付属品が不足でした・・・」

 

②貼り付け中

貼り付け際に、

「埃、ゴミなど混入で失敗しました・・・」

「両側、または端が浮いてしまった・・・」

「気泡が入ってしまった」

「貼り付け時にズレてしまった…」

「ヒビが入ってしまった。。。」

 

③ご使用中

「通常使用で割れてしまった。。。」

「空気が入ってしまった。。。」

さいごに

今はすべすべのつるっとしたスムースレザーですが、ここからどんな変化を遂げていくのかとても楽しみです。毎日触って日々変化していくレザーケースとともに新しいiPhoneとの生活を始めていきたいと思います

経年変化が少なく、スペースグレイの本体にとても馴染むブラック。高級感と深みがあるネイビーのようなコスモブルーもすごく悩みました。

この辺も試してみてください。

 

 

ガラスフィルムは999円なのに2枚入っていて驚異の3年保証もついているNimaso液晶保護ガラスフィルムがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です