Amazonプライムデーをお得に!

【レビュー】最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』を1ヶ月使った感想。PRESSo(プレッソ)の弱点を克服できた

クラウドファンディングのMakuakeで、多くの支持を得て一瞬で目標額を達成したキャッシュレス時代の理想のサイフ『PRESSo(プレッソ)』。

ぼくもコンセプトやそのミニマルな完成度に惹かれて秒でポチった。

PRESSoでは小銭入れは、緊急避難場所程度の位置付けだったけど、やっぱり小銭入れも欲しいよねって声も。その声に応えて、PRESSoの相方として誕生したのがこの小さな小銭入れ『CHIP(チップ)』だ。

created by Rinker
drip
¥3,850 (2019/11/20 14:39:34時点 Amazon調べ-詳細)

PRESSoを完璧に補完する『CHIP』

PRESSoと同じ熟成レザーを使用したものが3種類。それに加えて、今回は型押しの新色2種類も追加で発売。

https://www.makuake.com/project/chip/

トープというライトグレーっぽい型押しレザーのモデルはかっこよすぎてズルイ。PRESSoが発売された時にこの色があったら飛びついていたかもしれないな。

7月に入ってすぐ届いたので、ほぼ1ヶ月使ってみた。痒いところに手が届くとはこのこと。

アメリカーノの『CHIP(チップ)』に決めた

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』
created by Rinker
drip
¥3,850 (2019/11/20 14:39:34時点 Amazon調べ-詳細)

今回購入(支援?)したのは熟成レザーを使用したアメリカーノという黒に近いブラウンのもの。

ぼくのPRESSoは同じ熟成レザーを使った「モカ」という色で、明るめのブラウン。

PRESSoの時もモカにしようか、アメリカーノにしようかかなり迷ったんだけど、最終的には経年変化が強く出そうなモカにした。

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

色を揃えたいという思いもあったものの、この時の心残りが強くあったのと、モカとアメリカーノのツートンも悪くないなというのもあって、今回のCHIPはアメリカーノに決めた。

熟成レザーの深い味はむしろ濃い色の方が楽しめるような気もしてきた。今更ながらブラックも欲しい。

これ以上なくミニマル。でも使い勝手も最高

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』
最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

手のひらに収まるどころか500円玉より一回り大きい程度のサイズしかなく、これ以上小さい小銭入れは作れないんじゃないかと思ってしまう。

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』
最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

手の平に収まるどころか、指でつまめてしまうサイズ感。余計な装飾もなくてかなり好み。ファスナーのグリップがいいアクセントになってる。

CHIP(チップ)を1ヶ月使った感想。、PRESSoとのコンビは完璧かも

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

PRESSoのコイン収納はあくまでも緊急用という建てつけだったので、基本は小銭は発生させず、どうしようもない時に数枚入れる程度の想定だった。

キャッシュレス前提の理想としてはこれで問題ないんだけど、実際はそうも行かない。

やっぱり小銭は出てくるし、使うシーンもまだまだある。PRESSoは、小銭を避難させられるけど、取り出して使うにはかなり厳しい。

かと言って小銭入れを別に買うのはどうなのと思っていたところ、コンセプトを共有する小銭入れが発表されたので飛びついた。

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

マチの部分に工夫があり、思ったより沢山のコインが入る。10枚くらいなら余裕で飲み込む。

公式には100円玉なら10枚、500円玉なら8枚収納可能ということになっている。これだけ入れば十分。

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

ガマ口みたいに大きくガバッと横に開くので、めちゃくちゃ小さいのにコインが見やすいし取り出しやすい。

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

結構パンパンにコインを入れてみても、見た目はこんな感じ。

1ヶ月ほど使ってみたけど、使い勝手についてはノーストレスだった。

PRESSoから小銭を逃してあげると、薄さもキープできるて形も綺麗なまま保てるし、何より小銭を取り出す時のストレスから解放されたのが大きい。

PRESSoの弱点を最小限のプラスで克服できていて、このコンビは完璧だと感じた。

最近では、近所の公園遊びなんかは自販機でジュースを買うことが多いんだけど、CHIPだけ持って出かければ事足りることも多々ある。

荷物が減るしこれはありがたい。

created by Rinker
drip
¥3,850 (2019/11/20 14:39:34時点 Amazon調べ-詳細)

CHIP(チップ)のちょっとした不満点

手放しで称賛して来たCHIPだけど、ちょっとだけ不満なところも。

まずはファスナー。

最小の小銭入れ『CHIP(チップ)』

これはしょうがないんだろうけど、最後のところが閉まりきらないのがちょっとイヤだったり。

あと2コマなんだけどな…

また、PRESSoと2つ持ちすることで本来の「キャッシュレス時代の財布」という理想像から、ちょっと後退してないかという疑問。

まあ使うのはじぶんだし、確実に使い勝手は向上してるので自分で解決する話だけど。

あとは小さすぎてバッグの中で迷子になることくらいだろうか。

小さい小銭入れならこれもあり。『hmny(エイチエムエヌワイ)のミニ小銭入れ』

CHIPが発表されるまでの間も、正直なところコインケースが欲しくてしばらく探していた。

その中でかなり良さそうだと思って、買う一歩手前まで行ったのがこのhmny(エイチエムエヌワイ)のミニ小銭入れ

CHIPより一回り大きい分、収納力にも余裕があってコインが40枚入る。内部にポケットがあるので小さく畳めば紙幣も入れておける。まあ紙幣はちょっと無理があるけど。

貸した1,000円を八つ折りで返されると二度と貸さないかもしれない。

革の質感も良さそうで、値段も同じくらいなので、最後までかなり迷ったんだけど、世界観も統一した方が気持ちいいなと思って今回はCHIPにしてみた。

小さい小銭入れを探してる人にはこれもオススメなので、ぜひ検討リストに入れて欲しい。

さいごに

PRESSoだと小銭はポケットに入れて持ち帰るようにしていたけど、CHIPを使ってみて、正直無理をしていたんだなと思った。

やっぱり小銭は小銭入れに入れたい僕は、キャッシュレス時代に合わせたアップデートが追いついていないのかもしれない。

本格的なキャッシュレス時代がすぐそこまでやって来てるとは思うけど、もうしばらくの間は現金も必要。

無理なくキャッシュレス時代に突入できるよう、もう少しPRESSoとCHIPにお世話になろう。

created by Rinker
drip
¥3,850 (2019/11/20 14:39:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です