2019年買ってよかったものはコチラ!

iPhone12に必須|コンパクトな20W以上の急速充電アダプタ3選

先日ついにiPhone12シリーズが発売されました。今回は経費削減のためかどうかよくわからないけど、以下のモデルには充電器が付属しないことが判明。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro MaX

USB-C to Lightningのケーブルのみが同梱されるので、アダプタは自前で用意しないといけない。ケチ。

iPhone12シリーズを急速充電するには20W以上の出力が必要。20Wってどれだよってことで、コンパクトで持ち運びも便利な20W以上の出力のある充電器を紹介します。

iPhone12シリーズを急速充電できる20W以上の充電器3選

iPhone12とiPhone12Proは20W以上のアダプタを使うと0%→50%の充電が最速30分で可能になるらしい。速い!

とり
とり

iPhone11シリーズもそうやったけどな!

Anker PowerPort III Nano 20W

俺たちのANKERがiPhone12の発表に合わせて発売を決定した超小型の充電アダプタAnker PowerPort III Nano 20W

指でつまめる程度の大きさで、重さも約30gと単三電池1個分。バッグに入れていつでも持ち歩けるのが魅力。

プラグの部分が折り畳めないのが唯一のデメリットではあるものの、20Wの出力があれば大抵のデバイスは急速充電が可能なので、とりあえず持っとくならこれ。

まとん
まとん

このタイミングで発売してくるのはさすがAnkerさん

AUKEY 充電器 USB-C急速充電器 アダプタ30W GaN 

3.6×4.6×3.2cmで、46gと軽量。Anker PowerPort III Nano 20Wの30g程度に比べるとちょっとだけ重いものの、こちらは30Wの出力があって、MacBook Airなら急速充電できる。

iPhone12だけじゃなくて、MacBookなんかも充電するならこちらもおすすめ。

プラグ部分も折り畳めるのでバッグの中で突き刺さったりしなくて快適。

まとん
まとん

プラグが折り畳める方が安心なのは僕だけでしょうか?

Anker PowerPort Atom III Slim

アンカーからもう1つ。フリスクサイズの高出力充電アダプタ『Anker PowerPort Atom III Slim』。

重量は56g。この辺の差はもはや誤差なので好きなのを持てばいいと思う。

最大の特徴はこの薄さ。フリスクの箱よりほんのちょっと大きいだけ。

ポーチやバッグのポケットに入れるとき、どんなにコンパクトでも厚さがあるとゴツゴツとしてすっきり収納できない。

この薄さは大正義。

30Wまでの高出力で充電できるので、Macbook Airまでなら急速充電できるのも魅力。

まとん
まとん

ポーチやバッグへの収まりが抜群で携帯性◎なのはコレ!

ちなみにちょっとだけ分厚くなった45W出力まで対応したモデルも発売されている。これはMacBook ProやThinkPadでも充電できる高出力モデルだ。

さいごに

こんな感じで、iPhone12を急速充電できて、同梱されたUSB-C to Lightningケーブルが使える充電アダプターを紹介してみた。

iPhone12を買って、いざ使おうと思ったら『あれ?充電器がない』なんてことにならないように、事前に準備しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です