毎日お得!Amazonタイムセールはこちら

磁石で浮く。iPad mini6専用スタンド『Magfit』レビュー

僕はiPad mini6を発売以来ずっと愛用していまして、ブラウジングや動画鑑賞はもちろん、ブログの執筆やs動画編集など、ありとあらゆることに使い倒しています。

iPad miniを快適に使うために必須なのがスタンド。特に高さを出せるタイプは作業も快適にしてくれますし疲労もかなり軽減してくれます。

そんなiPad mini6に最適なスタンドを探していたところ、MagfitのiPad mini専用スタンドを提供いただく機会をいただきました。2ヶ月くらい使ってみたんですが、これが使用感もとても良くてデザインもすっきりしていてかなり気に入っているので、こちらを詳しく紹介していきたいと思います。

このスタンドのいいところや使ってみての感想、他社性のケースやスマートフォリオといった普段使っているアイテムと併用できるのかみたいな部分もお話ししたいと思います。

シンプル・ミニマルでも機能性抜群|iPad mini6専用スタンドMagFitレビュー

MagfitのここがGOOD

  • iPad mini単体で装着可能
  • 縦横がシームレスにぐるぐる回転できる
  • スタイリッシュでおしゃれ

Magfitのここがイマイチ

  • ケースとの併用は微妙

一番のメリットはiPad mini単体でくっつけることができること。

他社製品だとスタンドに装着するためのマグネットケースとがシールが必要だったりするんですけど、このスタンドは巣のままのiPad miniをパチンとつけるだけ。

縦横もぐるぐると回転できて、使用したい方向にヌルっと方向転換できます。

高さと角度も無段階に調節できて、スタンドとしての機能は申し分ありません。

動画はこちら

【浮く・回転する】MagfitのiPad mini6専用スタンドレビュー|シンプル・ミニマル・おしゃれで高性能

外観・デザイン

色味 アップルのスペースグレーに近く、アップル製品と親和性は高いと思います。

重さは605g で、持ち歩くにはズッシリ重いけど、小さいデバイスとはいえiPad miniも293gとそれなりの重量があるので、安定感を考えるとこれは納得できます。

シンプルなデザインでどんなデスクトップでも馴染みがいいですね。

ツメで引っ掛けるタイプや挟み込むようなものと違って、マグネットで吸着するタイプなので、前面に余計なパーツが見えなくて独特の浮遊感があるのもオシャレ。シンプルでいいですね。

カメラ周りもちゃんとくり抜いてくれてます。

折り畳むと薄くはなるけど、やっぱ重いんで外に頻繁に持ち歩く感じではない。家の中でデスクやリビングのテーブルなど、場所を変えて使うって感じがいいと思う

使ってみる

付属品が不要でペタンと貼り付けて使える気軽さは最高。マグネットも強力で、スタンドを持って振ってみても全く外れる気配もありません。

ヒンジは硬いと言えば硬いけど、こういうスタンドの中では割とぬるぬる動く方かな。

最近よくみるこういうノートPCスタンドは関節の部分がガッチガチで、両手でフンッと動かさないといけないので、それに比べるとかなりぬるっと感はあります。

縦横をぐるぐると楽に回転させられるのいいですね。

安定感が抜群で、スワイプやタップは全く問題ない。

Apple Pencilで文字を書けるくらいに安心感があります。

手書きの時はこれくらい低くするととても捗りますね

使ってみた感想

高さが出るとやっぱり首や肩の疲労は軽減されます。とくにキーボードを使って作業するときは高さがあったほうがよりPCライクに使えていい感じ。

横向きは動画視聴やタイムラインを長めに表示させたい動画編集

縦向きはテキスト表示領域が広いので、ブログを書いたりといったテキストベースでの作業に向いていると思います。

縦横それぞれの良さがあるので、これをサッと回転させられるっていうのはとても便利

各カバーと併用できるか

SmartFolio

まずはスマートフォリオです。

カバーをしたままの状態だと、やや力は弱くなりますがそこそこしっかりと装着できていますね。

カバーを広げて背面にペタンとした状態でもとりあえず装着はできています。縦でも横でも、タップやスワイプ操作はできていますが、なんとなく心もとない感じはします。

落ちたりずれたりはしなさそうですが、ちょっと気をつけて使ったほうが良さそうですね。

Smart Folioレビュー|生まれ変わったアップル純正iPad mini(第6世代)用カバー
created by Rinker
Apple(アップル)
¥9,001 (2022/10/06 19:30:57時点 Amazon調べ-詳細)

NIMASO TPU製ソフトカバー

続いてTPU性のソフトカバー。

僕はNIMASOの800円くらいで買える激安のものを使っています。

そこそこ厚みがありますがこれも大丈夫ですね。もちろん裸での使用に比べるとやや弱いですが、スワイプやタップ操作は普通にやってもズレたり落ちたりはしない程度にはしっかり保持されています

これにMOFT Xのマグネットステッカーを貼り付けていますが、それでも使えるレベルですね。

この辺りはちょっと気をつけて使って欲しいなというところです。

エレコム 樹脂製ハードカバー

iPad mini6のカバーで何故か圧倒的に少ないハード系でクリアなカバー。

エレコムのものを使ってみましたが全然ダメでした。以上。

MAGFITのカバー

今回一緒に提供してもらったMagfit製のシリコンカバーもあるんですが、これはカバー自体にマグネットが仕込まれているので、もちろん問題なく使用できました。

これは単体では売ってないのかな…

ここがちょっと残念

ここからはデメリットというほどのことではないですが、あと一歩これがあったらなというポイントをまとめてみました。

カラー展開が1色のみ

これがよかったらなと思うポイントでいくと、やっぱりカラー展開ですね。

特に僕は白やシルバー系のアイテムでなるべく統一したいなとも思っているので、シルバーやホワイトなど、よりインテリアに合わせて選べるカラーラインナップがあるといいなと思いました。

カバー系のアクセサリーと併用できない

あとはカバーを付けるとマグネットの吸着力が弱まったり、使えなかったりします。

これは本体に直接くっつけるというアイテムの特質上しょうがないんですが、イチかバチか感があるので、カバーをつけて運用する派の人は気をつけてください。

フロストエアーのような極薄のものは大丈夫だと思いますし、TPU製のクリアケースもNIMASOのものは使えるレベルでした。

エレコムのハードケースは無理だったので、カチカチのハードケースで運用している人は要注意だと思います。

マグネットはそこそこ強力なのである程度は大丈夫だと思いますが、カバーをつけて使っている人がほとんどだと思いますのでちょっとここは自己責任ですね。

ただ、指定のケースをつけないといけない他のマグネットスタンドに比べると、選択肢は広いとも思うので、この辺は昨日とのトレードオフでより好みの方を選べばいいと思います。

お値段がちょっと高いかな…(クーポンコードあります)

あとはお値段の部分ですね。1万円ちょいとスタンドとしてはやや高価です。

使ってみると質感も高いしすごく便利でiPad miniの使い方の幅を広げてくれるアイテムです。あとはそれに1万円投資できるかどうかというところ。この辺は個人の価値観次第ですが、iPad mini6専用という貴重なジャンルのスタンドではあるので、ハマる人には唯一無二の選択肢になるんじゃなかなと思います。

今回は10%オフになるクーポンコード「matovlog」を発行していただいていますので、Amazonで購入する方は使ってみてください。

最後に

こんな感じでMagfitのiPad mini専用デスクトップスタンドを紹介してみました。

浮遊感のある佇まいやシンプルなデザインはかなり気に入っていますし、iPad miniの指定席をデスク上に作りたいと思っていたので、個人的にはとても満足度が高い。

スタンドとしても超優秀だし、何よりiPad mini6をそのままパチンと装着できるのは便利。

何より貴重なiPad mini6専用スタンドなので、デスクトップをおしゃれに整理したい、iPad mini6にも居場所を作りたいという人は是非一度チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。