UQモバイル vs Y!mobile徹底比較!

これを待ってた。MagSafe対応の iPhone12シリーズ用MOFT Snap-Onレビュー【PR】

使い勝手ばつぐんでずっと愛用していたMOFTの極薄スタンドですが、iPhone12miniは残念ながらサイズが合わず、使用を諦めていました。

…が、待ってた甲斐もあり、iPhone12miniでも使用可能なMOFT Snap-Onとして日本でも発売されることになりました。

PR記事

本記事はサンプルをご提供いただいて執筆しています。

iPhone12シリーズ専用 MOFT Snap-Onレビュー

とりあえず開封していきましょう。

提供いただいたのはブラック。

表面はフェイクレザーのような細かいシボ加工のようなパターンです。

初代はスウェードっぽい感じ。2代目のワイヤレスチャージモデルはカーボン調のデザインでした。

個人的には今回のデザインが一番好き。

この折りたたみ部分にDesigned by MOFTの文字も全モデルから継承。こういう遊び心好き。

折り畳んだ状態の薄さはクレジットカード2枚分あるかどうかくらい。

重さは40gで、マグネットを内蔵している分、ちょっと重たくなっています。

iPhone12miniに装着

僕のiPhoneは12シリーズの中でも最小の iPhone12miniですが、ツライチになるくらいぴったりに作られています。

マグネットでくっついていて、結構強力です。逆さまに持ったぐらいでは外れない。

旧モデルと同じように、指を通してバンカーリング的に使うこともできます。しっかり安定していますが、あくまでマグネットで吸い付いているだけなので、過信しないようにした方がよさそう。

カメラのユニット部分には、ギリギリ上端がかかってしまいます。あと1㎜だけでも追い込んで作ってくれればなと思ったりしなくも無いですが、カメラの使用には全く問題ありません。

多分iPhone12、12Pro、12ProMaxとの組み合わせがベストだと想定しているんだと思います。

カードは最大3枚収納

これも従来のMOFT Xと同じですが、クレジットカードサイズを3枚まで収納できます。

3枚入れるとギッチギチになるので、使用頻度の高いものを1枚選んで入れておくのがいいかなと。

現実的には以下のようなものを入れておくと便利だと思います。

  • バーコード決裁が使えないときの為のクレジットカード
  • 交通系ICカード
  • 緊急用に現金(お札)

僕は会社での交通費精算用に、モバイルSuicaとは別に交通用ICカードが必要なので、ここに入れて使っています。

スキミング防止の為、収納しっぱなしだと自動改札などで反応してくれません。出し入れしないといけないのですが、1枚だと出し入れもそれも苦ではないので、これで満足。

縦置き、横置きに加えてあらたにフローティングモードに対応

MOFT Xシリーズではおなじみの縦置き、横置きのモードにはもちろん対応しています。

仕事中はどちらかの向きでFliqloというアプリを使用して時計のかわりにしていることが多いですね。

Fliqlo
Fliqlo
開発元:Yuji Adachi
¥120
posted withアプリーチ

iPhone12miniだと、横置きの時にMOFT Snap-Onの下になる部分が少しデスクと干渉して斜めになってしまいます。

これもあと2mmでいいので追い込んでくれると良かったんですけど、カード収納との兼ね合いもあるので微妙なところ。

今回、MagSafe対応であることを活かして採用されたのが「フローティングモード

横向きで少し浮いている状態をキープできます。これ使う前までは、だからなんやねんと思ってたんですが、実際使ってみるとかなりいい感じなんです。

MBチャンネル視聴中

特にランチやカフェの時間に動画を見たりするのに大活躍。ちょっと視線が上がるだけで、快適さがグッと上がります。

また、ちょっとしたテキストをキーボードを使って打ち込んだりする時も、このフローティングモードがいい感じ。

隙間時間にブログを書いたりもするんですが、iPadやPCを出すほどでもなくても、テキストオンリーならこのモードとキーボードで、作業がかなり捗ります。

MagSafe充電器も併用OK

iPhone>MagSafe>MOFT Snap-Onの順で挟み込むようにすることで、スタンドとして使用中もワイヤレス充電ができるようになりました。

これまで、充電中はLightningケーブルを使っていたので、特に縦置き派の人は我慢しないと打行けなかったりしました。

MagSafeでの充電ができるようになって、使い方の幅が増えるはず。

薄いケースならギリギリ使用できそう

0.35mmと極薄のケース「Switch Easy」を装着してMOFT Snap-Onを使ってみました。

一応こんな風にぶら下げても外れませんが、力を入れて揺らすとポロっと取れてしまいます。

縦置き、横置き、フローティングモードともに使用可能ですが、吸着力はやや弱くなります。

普通に使っている分には外れはしないものの、少しズレてしまったりはしますね。注意が必要です。

落下が怖いなら、やっぱりapple純正のMagSafeに対応しているケースを使うのが安心安全。

マグネットシート対応が復活

個人的にはマグネットシートに対応してくれるようになったのが嬉しかった。ワイヤレス充電モデルはこの機能が省略されてたんですよね。

MOFTX マグネット シール 車

特に困ったのは車に乗るとき。僕はCarPlayに有線接続して使用していて、もともとは右側にマグネットシート&初代MOFT Xを使って置き場所を作っていました。

MOFTX マグネット マグネティック ステッカー 

この所定の位置に久々に戻って来れて、使い勝手も良くなったし見た目もスッキリさせることができました。

さいごに

こんな感じでMagSafeに対応した新しいMOFT Snap-Onを紹介してみました。

シリーズを通して、ファンの多い極薄のスタンドがまた進化して帰ってきましたね。

マグネット式なので今まで以上に取り外しも自由なのも嬉しいポイント。

縦横ともに、もうほんの少し小さくなってくれるとパーフェクトでしたが、いろんなデザインの制約があるんでしょうね。

とりあえず、僕はもうこれ無しではiPhone使えないです。

●ベーシックモデル

●iPad mini用モデル

●iPad、iPadPro用モデル

●ワイヤレス充電対応モデル

●MagSafe対応モデル

●マグネットステッカー

Amazonで少しでもお得にお買い物をするために

  1回のチャージ金額       通常会員      プライム会員   
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券を購入(チャージ)するとかなりお得にお買い物をすることができる。

プライム会員は0.5%多くポイントが加算されます。

ポイント有効期限も10年間あるので、Amazonでお買い物するなら、チャージしておいて損はありません。

https://toritome.org/wp-content/uploads/2018/10/img_1516.pngまとん

90,000円まとめてチャージしておくのが結局いちばんお得です。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です