新プラン対決!Y!mobile vs UQ徹底比較

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)レビュー|MagSafe対応の衝撃吸収ケース

iPhone12シリーズから実装されたMagSafe。MagSafe充電器や車載ホルダー、MOFTのMagSafe対応モデルなども使ってみると結構便利なものです。

発売当初はアップル純正ケースだけがMagSafeに対応していましたが、発売から少し時間の経過した今では、純正以外でもMagSafeに対応しているものが出てきました。

今回はiPhoneケースではお馴染みのSpigenから発売されている、MagSafeにも対応した対衝撃性能の高いケース「MAG ARMOR(マッグアーマー)」を購入してみましたのでご紹介していきます。

MAG ARMORのここがGOOD
  • 安心安全の耐衝撃性能
  • 保護力の割にはコンパクト
  • フィット感とデザイン
  • MagSafeに対応
MAG ARMORのここが残念
  • やや重い

安心感が違う。Spigen MAG ARMORレビュー

iPhoneアクセサリーと言えばSpigen。個人的にはこういうラギッドなデザインのタフなケースをスタイリッシュに作らせると右に出るものはいないんじゃないかと思っています。

外観など

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)外観

ケースは弾力のあるTPU製で背面は斜めストライプのラインが走っています。下部には小さくロゴがデザインされていますね。マットな質感で指紋は全くつきません。埃を吸い寄せるような感じもないです。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)

こんな感じでケースそのものがMagSafe機器に吸い付きます。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)サイド ボタン

エッジ部分は上下がラバーで、サイドは少しザラっとした質感の素材に切り替えられています。グリップ力は十分で、つるっと落としそうな感じはしません。安心。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)内側

内側はマグネットが搭載されていることを示す丸いデザイン。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)

角の部分には対衝撃性が備わっていることを示す「AIR CUSHION TECNOLOGY」の文字。スマホの泣きどころでもある角からの落下に対して、中空の層を作っておくことで衝撃を逃してくれます。

まとん
まとん

僕もすでに2回ほど助けられています

iPhone12miniに装着

早速iPhone 12miniにとりつけましょうそうしましょう。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)
Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)

装着感はこんな感じ。サイズが小さいiPhone12miniなこともあって、ゴツめのケースをつけても全体のサイズ感がコンパクトでちょうどよくゴツ可愛い感じになりました。斜めから見るとうっすらとマグネット部分が丸く浮き上がって見えますが、触っても凹凸はわからないですね。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)TPU製

柔軟性のあるTPU素材なんで、しっかりフィットする割にはつけ外しがしやすいです。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)カメラ回り

カメラ周りはこんな感じ。しっかりとギャップがあるのでカメラのレンズが床に接地することはありません。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)ディスプレイ周り

ディスプレイ側ですが、こちらもディスプレイを下にしておいても、接地しないようにしっかりとギャップがあります。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)ボタン

音量ボタン側です。サイレントのスイッチ周りは大きめに切り取られていて、操作性は高い。ボタン部分も独立するように加工されていて、しっかりしたクリック感があります。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)ボタン

電源ボタン側。ボタン周りの加工は同じですね。押しやすい。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)底面

底の部分はこんな感じ。スピーカー穴に沿ってアシンメトリーにくり抜かれています。ライトニング端子部分も割と大きめに加工されているので、充電端子がちょっと大きめのものでも無理なく差し込むことができます。

グリップ感や使った感想など

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)

保護力が強い分、ケースにやや厚みがありサイズも大きくなった感がありますが、グリップ感は上々です。使用中にするっと落としそうな感じはないし、落としてもそうそう割れたりしないので安心感が違います。

miniのサイズ感なら、ゴツめのケースでも合うなというのは新発見。これが12Proや12Pro MAXならこうはいかない気がします。

後述しますが、ケース自体がちょっと重いのが少し残念だったりします。

MOFTやMagSafeアクセサリーを使えるのが便利

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)Magsafe 充電器対応

マグネットをケースに内蔵しているので、MagSafeアクセサリーをそのまま使えるのが当たり前ですけどとても便利。

ケースが薄いものだと、ワイヤレス充電だけはできていたり、さらに極薄のものだと磁力が弱まるもののアクセサリーをなんとか使えていたりと正直ムリして使っていた感がありますが、その辺がノーストレスで使用できるようになったのは嬉しい限りですね。

Spigen MAG ARMOR(iPhone12 mini用)

僕はMOFTが無いと生きて行けない程度には教育されているので、結局ここに戻ってきてしまいました。

他にはナビをアプリで済ましてしまっている人も多いと思うので、MagSafe対応の車載ホルダーにスッとくっつけて使えるのは便利ですよね。

最近ではApple純正のマップアプリの精度が上がってきていて、ナビはこれで十分。「右折後に右車線を走行してください。」みたいに先読みした案内をしてくれるので、Yahoo!カーナビよりももっぱら純正マップアプリを使っています。

ちょっと重くなるのが難点

ここまで大満足のMAG ARMORだけど、唯一のデメリットはケース自体の重さ。マグネットを内蔵しているのでしょうがない部分はあるんだけど、ケースだけで実測32gでした。

ちなみに薄いケースの代表格でもあるMYNUSもiPhone12mini用ケースは12g。スマホの20g差は結構でかいです。

iPhone12miniと合わせると173gとなり、結構な重量感があります。手に持つとずっしりと重たいなと感じるし、ポケットに入れてもやっぱり結構な重量感があるのでもうちょっと軽ければなと思ってしまいます。

僕はここに、さらにMOFT Snap-Onを合わせて使っているので、総重量は212g。

ちなみにiPhone12が162g、iPhone12Proが187g、iPhone 12Pro Maxが226gなので、最重量級の12Pro Maxの重さに肉薄しています。

この辺は防御力やマグネットを搭載している機能性とのトレードオフなのでしょうがない部分ですけどね。

さいごに

こんな感じでSpigenから発売されているMagSafe対応のiPhone12mini用ケース「MAG ARMOR(マッグアーマー)」を紹介してみました。

修理費用の高いiPhoneなので、やっぱりケースの防御力は超重要。

まとん
まとん

リセールバリューも大事!

iPhone12miniだと、ゴツめのケースをつけても全体的にコンパクトになるので、今までサイズ感が嫌で避けていた人は試してみるのもいいかもしれません。

MagSafeもなんだかんだであると便利なので、MagSafe対応のケースは欲しいけど、Apple純正のケースはちょっと高いなって人も、3,000円くらいのこのケースなら買ってみてもいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です