2019年買ってよかったものはコチラ!

【レビュー】uniqloU(ユニクロU)2020春夏のコレクションが発表。大人も着れる気になるアイテムを探してみた

半年ごとの風物詩になりつつあるユニクロUですが、2020SS(春夏)コレクションが発表された。

ノームコアに代表されるような極端なシンプル指向に飽きてきてミリタリーやワークテイストをアクセントに取り入れるのがトレンドになりつつあり、今回のコレクションもそのあたりを意識しているみたい。

カジュアルに寄りすぎず、ミリタリーやワークのテイストをうまく取り入れながらクリーンに仕上げるのはユニクロUの得意とする所で、30代の大人でも抵抗なく取り入れやすい。

定番化しているアイテムも少しずつ姿を変えてきたりしていて今回はいいかと思いつつ毎回何か買ってしまうのがユニクロコラボの怖いところ。

春夏らしくパステルカラーやペールトーンのカラーバリエーションも増えていて、自分が似合うかどうかは別として見ていてとても楽しい。

ユニクロU 商品一覧
取り扱い店舗

ユニクロUとは

まだ各アイテムの写真1枚とルックブックが一部公開されただけだけどいくつか気になるものがあったのでまとめておきたい。

アーティスティックディレクターを務めるクリストフ・ルメールが、世界を代表する一流ブランドで培った美意識と専門技術を生かし、パリのR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)と共に作り上げた、Uniqlo Uの最新コレクションです。

引用:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

ユニクロのアイテムにトレンドを強めに意識して取り込んだコラボ企画。

中でもUniqlo Uは何度コラボをかさねていて、定番となってる感もある。

通常ラインよりは価格もやや高めだけど、ユニクロの素材を活かしてコレクション系のデザインをリーズナブルにたのしめるので、毎回人気を集めている。

アウター

フーデッドコート 14,900円

実用的なポケットやフードで機能性を、インナーカラーでデザイン性もアップ。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・昔のミリタリーパーカをベースに、高めの襟や調節可能な大きめフード、大きめポケットなどであらゆる天候に対応できるディテールをプラス。
・あらゆる着こなしの上に羽織れるオーバーサイズシルエット。
・コントラストをきかせたインナーカラーで洗練された印象に。
・大きめの内ポケットをプラス。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

トレンドのシンプル+ワーク・ミリタリー要素のど真ん中を来た感じ。こういうカジュアルテイストのアイテムをクリーンに仕上げるのはユニクロUの得意とするところ。

コートはトレンチもあったけどどっちがきになるかというとこれ。オーバーサイズでドロップショルダーな上にミリタリーとカジュアルに行ってしまいそうなところを絶妙なバランスでクリーンに仕立てていそう。

表地: 65% ポリエステル,35% 綿なのでパリッとした生地感になりそう。

スプリングコートって着れる期間がすごく短くて高価なものに手を出しにくいんだけど、15,000円くらいならまぁいいかな。


デニムワークジャケット 6,990円

昔ながらのコットン100%デニムをゆるシルエットにしてトレンド感のある1着に。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・10オンスのデニムを使った、伝統的なデニムジャケット。
・リラックスシルエットでラクに羽織れる。
・3つの外ポケットと1つの内ポケットで収納力は抜群。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

これはワークど真ん中。個人的にデニムのワークジャケットがデニムコートが欲しかったので、これが気になってる次第。

オープンカラーっぽい第一ボタン周りが(悪い意味で)気になるんだけど、ちょっと店頭で見てみたい。

リジッドなブルーはよりクリーンな印象なので着回しはしやすそうだと思っている。

セーター・カーディガン

ミドルゲージVネックカーディガン(長袖)  3,990円

ヴィンテージのスポーツニットを意識したデザイン。着心地は軽やかでシルエットもきれい。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・ヴィンテージのニットスポーツウェアにインスパイアされたカーディガン。
・強めに撚った糸をやや細かめのミドルゲージ編みにして、サラリとした着心地に。
・コンパクトな編み地なのでしっかりめの風合いでシルエットがきれいに出るのが特徴。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

カーディガンが欲しいわけじゃないんだけど、青の発色がすごくきれいだなと思った。着こなせる自信はないけど、こういうのが似合う大人でありたい。

ボタンも同色でミニマルな印象。リラックスシルエットで着やすそう出し春先には便利じゃないだろうか。

Tシャツ・スウェット

ワイドフィットスウェットシャツ(長袖) 2,990円

ヴィンテージなスポーツスウェットを意識。上品な裏毛素材なのでカジュアルに映える。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。

・表面は上品な糸をコンパクトに編み立てた裏毛を使い、きれいなシルエットを演出。

・コンパクトな裏毛なのでルームウェア感がなく、あらゆるシーンで使える。

・ヴィンテージのスポーツスウェットシャツのように、ネックの幅がやや広めでフロントネックが詰まった襟元にして、新鮮なルックスに。

・ワイドシルエット、ドロップショルダー、ボクシーシルエットも採用。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

太めのフロントネックやゆとりを持たせた袖など、結構デザインを入れてきたスウェット。通常ラインとはかなりイメージを変えてきていて本気度がうかがえる。

ワイドシルエットと紹介文にあるものの、ルックブックを見る限りそこまで極端な感じではなく、むしろ裾は結構締め付けが強そうにすら思えるので試着は必須。

春らしい色も含めて6色も展開されていて気合が入っている。

ボーダーT(半袖) 1,500円

ざっくりとした上質な風合いに繊細なボーダーでヴィンテージTシャツ風の仕上がりに。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・20番手の特殊な糸を強めに撚ったコンパクトヤーンを使用。
・サラリとしたドライな肌触りと通常よりもしっかりとした素材感が魅力。
・襟は細めのバインダーを入れて、ヴィンテージなスポーツTシャツのような雰囲気を演出。
・繊細で美しいボーダー柄。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

細いピッチのボーダーシャツが好き。それだけ。

もうちょっと落ち着いた色も欲しい。

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖  1,500円

表面はコットンで着こなしやすく、裏面はエアリズムで快適。オーバーサイズで今っぽく。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・表面に上質なコットン糸、裏面にエアリズム糸を使用したダブルフェイスのジャージー素材。
・カジュアルにもクリーンにも使えるルックスで、肌触りはサラリとして爽やか。
・ダブルフェイス素材なのでドロップショルダーやワイドフィットのシルエットがきれいに出る。

・裏面がエアリズム糸なので、洗濯後シワになりにくいイージーケア仕様。
・ドロップショルダーとボクシーシルエットに長めの半袖でオーバーサイズ感を演出。
・襟元が詰まったクルーネックがデザインポイント。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

昨年までのTシャツはシルエットや質感は申し分なかったんだけど、ヘビーウェイトな見た目そのまんまで真夏には正直ちょっと扱ったりした。

裏面にエアリズムを採用したということで盛夏での着心地がかなり良くなってる事をとてもとても期待している。

こちらも6色展開とかなり力が入ってそうだ。

シャツ

コットンレギュラーカラーシャツ(長袖)  2,990円

Uniqlo Uらしい洗練されたシャツ。今っぽく着こなせる絶妙なシルエットが人気。


>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・スリムでもルーズでもない、Uniqlo Uらしいシルエット。
・密に織られたコットンポプリン素材で透け感を抑え、ハリのある美しい風合いを表現。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

毎度おなじみユニクロUの絶品シャツ。いまさら特に言うことは無いんだけど、グレーの色がとてもいい。

ダークカラーのシャツを持ってないので個人的にとてもほしい。

裏透けも防止しているようなので生成りのようなNATURALもちょっと気になる。

ミリタリージャージーシャツ(長袖)  3,990円

ポケットが印象的なミリタリーシャツ。1枚でゆるっと着たり、羽織りにも使える。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・素材は肌触りの良いツイル天竺を使用し、デザインは、ミリタリーシャツのディテールを採用。
・独特のシボ感があってカジュアルに着こなせる、新しいジャージーシャツ。
・リラックス感のあるトレンドシルエットのシャツジャケットデザインなので羽織りとしても役立つ。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/
LOOK32

トレンドとなりつつあるミリタリーミックス。こういうカジュアルなものをクリーンに仕上げるのはユニクロうの得意としているところなので期待。

写真を見る限り、割と肉厚っぽくて安物感は無さそうなものの暑すぎたりはしないだろうか。ジャージーシャツということで着心地も良さそう。

落ち感やドレープのある高級感がうまくミックスされてるといいな。

キューバシャツ(半袖)  3,990円

開放感のあるシルエットとデザインが魅力。1枚でゆるっと着たり、羽織りにも使える。


>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・襟を開けたり閉じたりできる、コンバーチブル仕様のワイドシルエットシャツ。
・Tシャツやタンクトップの上に羽織るのもおすすめ。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

いつものオープンカラーシャツではなく、デザインに少しアクセントを加えてきた。この辺も流れに乗ってきた感じ。

普通のオープンカラーに飽きてきたのでちょっと試してみたいなと。

ボトムス

コットンリネンワイドフィットテーパードパンツ  3,990円

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・Uniqlo Uを代表するセットアップパンツをコットンリネン素材にアップデート。
・まっすぐ落ちるゆったりめのワイドテーパードシルエットがリラックス感がありながらも洗練された着こなしを演出。
・サラリとした素材なので気温が高くても快適にはける。
・体型もシーンも問わずに使えるリラックスシルエットなので、使い勝手が良くワードローブに1着あると頼りになる。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

夏だし涼しい素材でキレイ目に見えるパンツが欲しい。リネンの素材感を活かしつつカジュアルに寄りすぎない感じに仕上がってると即買いだなと。

写真のようにアンクル丈でサンダルと合わせたい。

イージーワイドフィットパンツ  3,990円

素材もシルエットもデザインもリラックス感たっぷり。今っぽいカジュアルに最適な1本。


>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・リラックス感のあるストレートシルエットにコットンリヨセル素材で爽やかなはき心地に。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

イージー系のパンツも一本ほしい。お父さんは真夏だろうが公園で遊ばないといけないのである。

ジャージとかスウェットでもいいんだけど出来ればそのままお出かけしたいし、そうなるとちょっとクリーンなアイテムが欲しかったりする。

またどうしてもしゃがんだり立ったりもおおくなるのでリラックスフィットなパンツは常に探し求めている。

ワイドフィットスウェットパンツ  3,990円

ヴィンテージなスポーツスウェットを意識。上品な裏毛素材なのでカジュアルに映える。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・表面は上品な糸をコンパクトに編み立てた裏毛を使い、きれいなシルエットを演出。
・コンパクトな裏毛なのでルームウェア感がなく、あらゆるシーンで使える。
・ヴィンテージのトラックパンツのようなストレートシルエットとディテールを採用。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

これも気になる理由はイージーワイドフィットパンツと同じ。お出かけや公園遊びなど子育て父さんとしては動きやすい服は気になるのだ。

着こなせるかどうかは別としてグリーンがかったブルーがいい色。

グルカショートパンツ  2,990円

ゆったりとしたはき心地のミリタリーパンツをしなやかな素材で洗練された印象にアレンジ。

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・伝統的なミリタリーパンツであるグルカショーツを柔らかなコットン素材で新しく。
・着こなしを新鮮にするタック入りのワイドシルエット。

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paidsearch&utm_term=2415708&gclid=EAIaIQobChMIl-KS_Z2o5wIViKqWCh3bUQhHEAAYASACEgLQ2fD_BwE

サイドのアジャスターとゆったりしたシルエットが特徴のグルカパンツ。これもシンプル一辺倒から脱却していく流れの中でアクセントをミリタリーに求めた形。

レディースで先に広がりつつあったような気がするけど、メンズにもジワジワ来ているのだろうか。

肝心の腰回りは結局見えなかったりもするんだけど、ゆったりガバッとしたショートパンツは好きなのでとても気になる。

レディースだけど気になる

デニムオーバーサイズシャツ(長袖) ¥2,990

デニムオーバーサイズシャツ(長袖)

>特徴
・クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
・オーバーサイズのシルエットにパッチポケットをプラスして、カジュアル感をアップ。
・こだわりの染色と加工で色ごとに味のある色味を表現。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/426127-67

いい感じのデニムシャツが欲しいんだけどなかなかピンとくるものがなくて去年あたりから彷徨い続けている。

デニムシャツって安くなると生地感がかなりチープになったり、シルエットやサイズ感が微妙だったり…

これはもう発売しているみたいなので時間があったら見に行きたい。

さいごに

毎年恒例でマンネリ感が… と言いつつ、いまだにどのコラボシリーズより注目度が高いユニクロU。

どのシーズンもトレンドを取り入れつつ、30代の大人でもサラッと着ることができるバランス感が最高なので今回もきっと散財するんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です