Amazonプライムデー2022会場はこちら

これは売れるわ… 誰でも似合うUNIQLOの新作「ワイドフィットジーンズ」レビュー

UNIQLOから新しく発売された「ワイドフィットジーンズ」がYouTuberやブロガーの方々から絶賛されています。ここまで言われると気になってきたので店舗に見に行ってみたんですが、なるほどこれは売れるなと思いました。

UNIQLOの関連記事はこちら

UNIQLOから新発売された「ワイドフィットジーンズ」

こういう雰囲気好き

> 商品ページはこちら

ユニクロの通常ラインからからワイドパンツが出たというだけでもちょっとビックリしました。LifeWearを標榜し、万人受けする服作りが至上命題であるユニクロは、一方でトレンドを追いかけるわけにはいかないというジレンマを抱えていたりします。

そういう意味では、ワイドパンツは短期的なトレンドではなく、ある程度の市民権を得たということかもしれません。

ディティールなど

股上が深く、太ももから裾にかけて緩やかにテーパードしています。ワイドフィットとはいってもそこまで極端なシルエットではなく、30代や40代の男性でも気軽に取り入れられそう。

フロントポケットは斜めにカットされたワークっぽいデザイン。このあたりはちょっと前に発売されていたユニクロUのワイドフィットジーンズのデザインをそのままパクった サンプリングしたものですかね。

サイドのステッチにはフロント部分より細い糸を使って目立ちにくくしている一工夫がされています。デニムパンツでもカジュアルにより過ぎることなく、大人も取り入れやすい上品な印象を与えてくれるのに一役買っています。

裾の部分も違和感なくあたりが出ていますね。

デニムにしては軽く、薄い部類に入ると思います。アメカジっぽい重厚感はないですが、その分夏でもギリギリ着れるかなという感じなので、通年使えるアイテムだと思います。

裾の部分のアタリも自然に出ていて、ウソっぽさはありません。

これで3,990円はすごいよマジで。

さっそく試着

ということで早速ですが試着してみました。

僕はサッカーをしていたこともあって、太ももがかなり太くガッシリとした下半身をしてるんですが、うまくカバーしてくれています。

そこまで太すぎずテーパードもきれいなので、ワイドパンツだからといってもそんなに身構える必要はなさそうです。

僕と同年代の30代・40代でも取り入れやすいシルエットでした。

もっとワイドなシルエットが好きなファッション上級者にはちょっと物足りないかもしれないですが、トレンドに置いていかれたくないけど、ガッツリ乗っかるのは気恥ずかしい僕くらいの人には丁度いいと思います。

カラー展開は3色でいずれもblueという表記です、ライトブルー、ブルー、濃いめのブルーというラインナップ。

試着したのは濃い色のもので、これがいちばん使いやすいとは思いますが、春夏に向けてはいちばん淡いブルーもきになりますよね。

ブラックやホワイト系がほしかった

今回のラインナップ3色はどれもハズレ無しで全く異論はないんですが、できればブラックやアイボリーっぽいホワイト系もほしかったなと思います。

この辺はさすがの堅実さだなという感想ですが、売れ行き次第ではレパートリーの追加も十分にありえると思うので今後に期待したいところ。

さいごに

こんな感じでユニクロの新作「ワイドフィットジーンズ」を紹介してみました。

感想としては「これは売れるな」でした。

生地感も柔らかくて履き心地もいいですし、それでいてジーンズの風合いも犠牲にしていないのはさすがユニクロのデニムだと感じたし、シルエットも使いやすそうでカラー展開もがっつり置きにきています。

もうすぐ発売されるユニクロUを前に散財はできないので今回は我慢しましたが、多分ライトブルーと濃いほうの色のどっちか(というかどっちも)そのうち買うんだろうな…

UNIQLOの関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。