【名古屋のおすすめ喫茶店】西原珈琲店 伏見オフィス街の地下に隠れた純喫茶

今年も残すところ1週間を切りました。この時期、営業のみなさんはあいさつ回りの時期ですね。

僕もご多分に漏れずお世話になった方々にごあいさつ回り。ムダだと割り切る風潮もありますが、僕は大事にしています。

形式ばった、ただの挨拶は互いに時間のムダだとは思いますが、キチンとお世話になった方々に今年1年の御礼に回るのは大切にしたい文化でもあります。

名古屋伏見  西原珈琲店

>>お店情報
https://www.hotpepper.jp/strJ000389323/

あいさつ回りに限らずですが、アポとアポの間に不意に時間が空いたりします。名古屋は喫茶店文化が根付いている土地でもあり、中心部には1ブロックごとに喫茶店があると言ってもいいほど。

Wifi完備のカフェに行ってPC作業をするのもいいのですが、趣深い純喫茶を探して入り徹底的にサボる英気を養うのも楽しみの一つになっています。

名古屋伏見の地下 隠れ家的純喫茶

前回のお店に引き続きまた地下… やはり地下にはロマンがある!こういう古いビルから入って行って、思いもよらない光景が広がってるのっていいですよね。ギャップ萌え。

今回もこんなオフィス街のなんでもない風景の中、

こじんまりした看板が僕を呼んでいます。

喫茶店なんて入ってなさそうなビルの入り口。

もちろん誘われるがままに地下に降りていきます。

一番奥まったところに入口が見えてきました。

中はカウンター席とボックス席です。

全席喫煙可なのでモクモク。だがそれがいい。タバコのにおいが嫌いな人は要注意。僕はタバコ吸わないのですが、臭いは全く気になりません。むしろ好きかもしれない。副流煙フェチ。

店内の調度品も雰囲気抜群。

ずっとあったものが古くなったような趣です。取り繕った感がが無くていいですね。いつからやってるんだろうこの店。

店内は照明も柔らかい電球色でゆったりとしたジャズが流れていて、時間が経つのを本当に忘れてしまいます。

こだわりのコーヒーとさくさくサンドイッチ

メニューはこちら。月替わりのコーヒーも毎月楽しみにしています。

入口横には月替わりのコーヒーメニュー。これも毎月楽しみなんですよね。

だいたいいつもコーヒーだけなんですが、今日はお昼時でしたのでランチにしました。

注文したのは「西原おすすめ」。今日は生ハムバジルのサンドイッチでした。

スープとサラダが付いてきます。サンドイッチは分厚めの食パンをこんがりトーストにしてバターがたっぷり。触感は軽くてサクサク。食べごたえもあって、結構おなか一杯になりました。

食後のコーヒーはブレンドコーヒーのホット。

ブレンドコーヒーは、しっかりと味があるのに後味に苦みが残らずスッキリと消えていきます。どんな豆をどうやって淹れてるんだろう。こういうコーヒーを淹れられるようになりたい。

さいごに

照明やBGMも含めてゆったりと時間が流れています。カウンターの端っこにやさぐれた探偵が座ってそう。

タバコの煙すらお店の空気感を作り出すアクセントにして、素晴らしい居心地を作り出してくれています。

打ち合わせに使ってるサラリーマンの方や、意外と若いOLの方も使ってたり。なにごともメリハリが大事なので、これからもここで英気を養いつつ、お仕事頑張って行こうと思いました。

お店情報

住所:愛知県名古屋市中区錦1-17-17 幸村ビル B1F

TEL:052-223-0707

営業時間:10:00~19:00(ランチ営業)

定休日:土曜、日曜、祝日

HP:https://www.hotpepper.jp/strJ000389323/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です