UQモバイル vs Y!mobile徹底比較!

iPhone12miniとiPhone13miniをスペックで比較|12miniから買い替える価値はあるか?

先日発表されたiPhone13シリーズ。僕は今iPhone12miniを使っているんですが、そこから13miniに買い替えるべきか考えてみました。

iPad miniの比較に続いて、iPhone12miniと13miniも比べてみようと思います。

結論から言うと、僕は今回は見送ろうと思います。主な変更点をまとめて考えてみましたので参考にしてみてください。

\ 4キャリア最安値! /

iPhone12miniから13miniに買い替えるべきなのはこんな人

  • シネマティックモードでVlogを撮りたい
  • 512GBの大容量ストレージが欲しい
  • 最新チップで重たい処理が必要なゲームがしたい

大きく変わったのがカメラ回りの機能。シネマティックモードという機能が追加されて、確かにこれは魅力的です。

またストレージ容量のラインナップがiPhone12miniが64GB、126GB、256GBだったのに対して、13miniは128GB、256GB、512GBと最大容量が倍になっています。

Vlogなど動画中心に使いたい人なら、256GBでは心もとないかもしれないので、より容量の大きい方が好ましでしょう。

あとはチップセットがA14BionicからA15Bionicへと1世代進みました。その分処理能力と省電性能が向上しているので重たいゲームもサクサク動くし、12miniに比べて1.5時間バッテリーが長持ちするようになりました。

この辺りに魅力を感じるのであれば、買い替えも検討していいかもしれません。

>> AppleストアでiPhone13シリーズを購入する

iPhone12miniと13miniのスペック比較

ここからは12miniと13miniをスペックをベースに比較していきたいと思います。

外観・デザイン

ディスプレイのノッチ部分が少しだけ狭くなっています。android端末だとカメラ部分のみでほとんどがディスプレイになっているものもたくさんあるので、ここは正直もう少し頑張ってほしいところ。

背面を見てみるとカメラ性能がアップしたことに伴って、12miniのようにレンズが縦並びでは収まらなくなったので、13miniでは斜めにレンズが並んでいます。

あとはカラーラインナップが変わったくらいでしょうか。個人的にはシルバー・ホワイト系の色がなくなっているのが衝撃でした。

ディスプレイ|スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ採用

ディスプレイのスペックとしてはほぼ同じです。最大輝度が625ニトから800ニトに上がっていますが、実用上で差を感じることはほとんどないでしょうね。

サイズと重量

厚みが0.25㎜まして、重量も7g増えました。が、これも手にして気づく人はいないんじゃないかというレベルです。わずかに厚みが増しているので、ケースは12miniから流用できないものもあるかもしれません。

防沫性能、耐水性能、防塵性能

IP68等級でここも変化ありません。

IP68等級とは
  • 防塵性能「6」とは
    耐塵形。塵埃の侵入があってはならない。針金(直径1mm)での危険な箇所への接近に対して保護する
    ※ JIS規格では防塵保護レベルの最高が「6」
  • 防水性能「8」とは
    IPX7よりも厳しい条件下のテストをクリアしたもの。IPX7の条件は真水の入ったタンクに浸す。製品の外郭上端から水面までの距離は0.15m。下端から水面までの距離は1m。30分間浸しても動作に影響がないこと。

iPhone13mini、12miniは水深6mで最大30分間水に沈めておくテストをクリアしていますので、水に落としても安心。

注意

防水性能は真水で静止している条件下でのものです。海水やお湯での性能は担保されません

また、防水機器であっても、浸水での故障は保証の対象外です。

毎日お風呂に何もつけずに持って入っていたiPhone12miniがある日突然こうなりました。

https://toritome.org/wp-content/uploads/2018/10/img_1516.pngまとん

何もしてないのに壊れた

Appleケアに入っていれば、浸水であっても数千円で端末交換できますが、僕は5万円くらいかかってしまいました…

チップ|A15 Bionicを採用

チップセットには最新のA15 Bionicを採用。当たり前か。

2つの新しい高性能コアと4つの新しい高効率コアを持つCPUを搭載しています。

Neural Engineも高速になり、1秒間の最大演算処理は、A14 Bionicの毎秒11兆回から15.8兆回と4兆回増えています。

この辺はもはや数字のインフレがすごくてよくわかりませんね。

ここまでくると「ここ10年で最高のプロセッサ」「15兆回のうち最高傑作の1回」「他社のハイエンドを30%上回る処理能力」などと言い出しかねませんが、有識者によるファクトチェックなど無粋な真似はやめましょう。

省電力にも貢献しているので、バッテリーライフが1.5時間伸びていますが、この辺も実感できるかどうかは微妙。

むしろ1年間使ってきてややバッテリーがヘタっているのが新品になった事による感じ方の違いの方が大きい気がします。

チップの性能アップは、後述するカメラ回りの処理には必要な進化なのだと思いますが、普通に使っている分にはその恩恵を感じることはないでしょう。

ただ、今後数年間使うってことを考えると、現状で最高クラスのチップセットを搭載してくれているのはありがたいはずです。

カメラ

カメラ部分ではいくつか進化が見られます。まずは12シリーズではProモデルにしか搭載されなかったセンサーシフト光学式手ぶれ補正が13、13miniにも採用されたこと。12miniの光学式と比較しても手ぶれ補正が強力。

https://toritome.org/wp-content/uploads/2018/10/img_1516.pngまとん

12miniでも写真ならそんなに手ブレが気になったことは無いですけどね!

また、好みの画質に調整しながら写真を撮影できるフォトグラフスタイルも搭載。これは例えば肌の色はキープしながら、背景の色味を調整したりという、単なるフィルターではなくより細かな調整をリアルタイムで行いながら撮影するというもの。

この辺りは進化したA15 Bionicの強力な処理能力のおかげなのかもしれない。

またスペック表には記載がないものの、センサーサイズが大きくなったことで47%多く光を取り込めるようになりました。暗所での撮影でより明るく自然な写真が取れることが期待できます。

「鮮やか」のスタイルで撮影した人物写真。

スマートHDR 4は、撮影した写真の中にいる複数の人物にそれぞれ調整を加える「スマートHDR」も3から4にグレードアップしている。ソフトウェアとISPが、ひとりひとりの人物にあわせてコントラスや明るさ、肌のトーンを微修正してくれる機能だけど、このあたりの進化は多分体感できるほどではないはず。

ビデオ撮影

動画撮影では新たに「シネマティックモード」が採用されています。これは結構楽しそう。

例えば画面内に二人の人がいて、手前の人にピントが合っていたとします。その後後ろを振り変えると、画面内の中心が後ろの人に移ったことをAIが検知し、ピントをそちらに移すという動作が可能になります。

https://toritome.org/wp-content/uploads/2018/10/img_1517.pngとり

これすごくね?

しかも撮影した後でもピント位置を自由に変えられるんです。すげぇ。

Vlogを頻繁に取ったりするような人にはうれしい機能ですよね。

ただ、こういう機能、最初は楽しくて使いまくるものの、そのうち飽きるんじゃないかなと…… ポートレート撮影なんかもたまに思い出したように使いますけど、そんなに重要じゃないよねみたいな。

使ってみたいんですけどね。もちろん…

センターシフト式手ぶれ補正もビデオ撮影では威力を発揮してくれそうです。子供を追いかけまわしながら撮影するにはもってこいな機能。

>> AppleストアでiPhone13シリーズを購入する

通信事業者|楽天モバイルも正式採用

ソフトバンク、au、docomoに加えて、ちゃんと楽天モバイルの名前もありました。iPhone13シリーズからデュアルe-SIMにも対応できるようになったので、メインとサブ、両方ともe-SIMも可能になりました。

1GBまでなら月額無料で通話し放題の楽天モバイルをサブ回線に使えば、もう一つの回線をデータ専用プランで運用して、月額使用料を格安に抑えることもできますね。

\ 4キャリア最安値! /

12miniから13miniには買い換えないことにしました

こんな感じでスペックを比較してきた結果、僕は13miniには買い換えないことにしました。

今回ナンバリングは13となっていますが、12Sと言ってもいいくらいのマイナーチェンジでそこまで購買意欲が掻き立てられなかったなと。

シネマティックモードはたしかに楽しそうですが、1年以上物珍しく使い続けられる自身は無いし、チップセットの進化も体感できるほど重い処理はしないし。

何よりもiOSはアプリとチップとの統合性がものすごくて、バージョンが低くてもそれなりにきびきび動いてしまうのでね。LiDERセンサー搭載のProシリーズで3Dモデリングをゴリゴリやるというなら話は別だとは思いますが。

iPad miniは購入したのでちょっと満たされていますし。

11シリーズ以前のモデルを使っているなら買い替え検討もいいかも

12シリーズから13シリーズへの買い替えはおすすめしませんが、それより前のモデルを使っているのであれば、買い替え検討をしてもいいかもしれません。

特に小さいminiシリーズを欲しい人は今回が最後のラインナップになる可能性があります。

8やSE(第二世代)がいまだに現役なことを見てもわかる通り、最新のiPhoneは4年以上は第一線で戦えるだけのスペックを持っているので、この機会に検討してみる価値はあります。

>> AppleストアでiPhone13シリーズを購入する

ただ、12シリーズも各社金額を見直して安くなってるので、無理に13シリーズに行くよりはSEや8からの乗り換え先としては12/12miniシリーズを選ぶ人が多い気がしてます。

\ 4キャリア最安値! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です