Amazonプライムデー2022会場はこちら

大人になったら買ってみたい。日米歴代首脳が愛用した腕時計【PR】

AppleWatch全盛の今日この頃、もちろんオシャレだし便利なんですが、なんかこうみんな横並びっていうのも物足りなかったりしませんか?

社会人になって、相手がどんな腕時計してるのかなって気になることも増えてきました。スーツはどうしても画一的になりがちなので個性が出せるのは腕時計だったりします。

キャラクターを表すアイテムの一つでもある腕時計、ビジネスパーソンは言うまでもないですが、多くの政治家もそのキャラクターを象徴するような腕時計を付けてきました。

今回は日米も政治家の頂点である総理大臣、大統領が愛用していた腕時計の中で特徴的なものをいくつか紹介してみたいと思います。

NOTICE

この記事はThe Watch Company様より依頼を受けて執筆しています

ブランド時計専門店TWC

アメリカ大統領が愛用した腕時計

まずはアメリカの歴代大統領の使用した時計のなかで気になったものをいくつかご紹介したいと思います。

ロレックス デイトジャスト41|ジョー・バイデン(現アメリカ大統領)

トランプ前大統領との激戦も記憶に新しいバイデン大統領が就任式で身に着けていたのはブルーの文字盤が鮮やかなロレックスデイトジャスト

スムースベゼルに数字を省略した文字盤とデザインはシンプルですが、鮮やかなブルーやジュビリーブレスと呼ばれるエレガントなベルトと、ミニマルなだけではないセンスの良さが感じられます。

> 商品ページはこちら

ヴァシュロン・コンスタンタン|ドナルド・トランプ(第45代アメリカ大統領)

不動産王からアメリカ大統領まで上り詰めたドナルド・トランプが愛用しているのはスイスの名門ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計。

トランプ氏が付けていたスクエアモデルはすでに廃番になってしまっていますが、現行のものも同じムーブメントを搭載しています。

1968年から現在に至るまで、厚さ2.45㎜というムーブメントは世界最薄クラスの自動巻き腕時計です。

トランプの豪快なイメージとは裏腹にシンプルで繊細な一品をチョイスしているのも意外性がありますね。本当は繊細な心の持ち主なのかもしれません。(それはないか…)

> 商品はこちら

ハミルトン PSR|ジェラルド・フォード(第38代アメリカ大統領)

ウォーターゲート事件で職を追われたニクソン大統領のあとを受けて就任したフォード大統領が愛用していたのは、当時に思い描いていたSFっぽい未来感を具現化したような「パルサー」。

パルサーは発表当時、世界初のLED式デジタル表示の腕時計で、時刻表示をあり方を再定義しました。

同モデルはすでに廃盤になっているものの、同じデザインを踏襲して復刻したPSRが後継機として売られています。

オフにはもちろん使えるんですけど、この時計がスーツからちらっと見えたらかっこよすぎないですかね。

>商品はこちら

日本の総理大臣が愛用した腕時計

続いて日本の総理大臣が愛用した腕時計です。実用的で正確な日本のものを愛用する人が多い中、麻生さんは一味違う。

セイコー アストロン|岸田文雄(第100代・101代内閣総理大臣)

アメリカ大統領が続いたところで、我が国の最高権力者はというと、国産の雄セイコーの代表モデル「アストロン」を着用していることが多いようです。

やはり日本の首相として日本が世界に誇るアイテムの一つである時計を外国製にするわけには行かないんでしょうか。

そういえば安倍前総理もセイコーのアストロンだったようですね。

> 商品はこちら

セイコー アストロンSBXB061|安倍晋三(第90代、96代〜98代内閣総理大臣)

日本の首相として在位期間歴代1位を誇る安倍元総理大臣。初期の頃はオメガスピードマスターを愛用していた時期もありましたが、伊勢志摩サミット以降はセイコーをはじめとする日本メーカーのものを着用しているようです。

アストロンSBXB061は原子時計に基づいた究極とも言える精度が売りのモデル。全世界40タイムゾーンに対応しており、時差のある2地域を同時に表示できる機能を備えていてサミットには確かにピッタリな時計と言えるかもしれません。

>商品はこちら

パテックフィリップ カラトラバ|麻生太郎(第92代内閣総理大臣)

日本の政治家のなかでダントツにおしゃれなのが麻生太郎元総理。スーツの着こなし、ハットの選び方から小物選びまで、どんだけオシャレやねんこの人というくらい、レベルが全く違います。

そんな麻生さんが使用していたのはパテックフィリップ カラトラバ。無駄を廃して視認性を極限まで追い求めたデザインは、1932年に発表されて依頼ほとんど変更されておらず、「ドレスウォッチの完成形」と評されています。

実際に着用している3919Jはすでに生産が終了しており、どんどん価値が上がっているようですがそのデザインの源流はシリーズに脈々と受け継がれています。

>商品はこちら

さいごに

こんな感じで日米の最高権力者が愛用した腕時計を紹介してみました。サラリーマンが買えるような高級時計が並んでいるかと思いきや、意外と実用性も兼ね備えたセイコーだったり、ハミルトンのパルサーでひねりを効かせてみたりと、ちょっと頑張れば手が届くものもありました。

アイテムそのものを真似るのも楽しいかもしれませんが、やはりTPOに応じたものを身につけるのも大事。

TPOの鬼である日米首脳の腕時計事情が参考に慣れば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。