インプットに革命!? 本は聴こう

【レビュー】薄くて軽い!エルゴノミクス配列の折りたたみワイヤレスキーボード『OWL-BTKB6402』(オウルテック)

こんにちは。まとんです。

仕事で外出の時、空き時間にiPad miniでサクッとブログを書きたいなってのがずっとありまして、コンパクトな折りたたみキーボードをいくつも試してみてたんですが、なかなかこれというものが見つけられませんでした。

とにかく薄くて軽くて打ちやすいのがほしいんやけど

とり

まとん

下手したら、いつものキーボードより使いやすいのを見つけたよ!

それがこの『OWL-BTKB6402』(オウルテック)です。

 

タブレットやスマホでテキストを打つ人には最適。

薄くて軽いからどこでも持ち運べて、開いたらすぐに使い始められる。ノマドワーカーやブロガーにもおすすめの折りたたみキーボードです。

オウルテック OWL-BTKB6402のスペック

毎日持ち歩くキーボードに重要なのは軽さと、カバンの中でかさばらない薄さ。

オウルテックのOWL-BTKB6402はその2つを理想的に兼ね備えています。

まとん

ビジネスバッグやリュックに入れるなら、薄さは特にこだわりたいよね
キー配列 英語
キーピッチ 17mm
キースイッチ パンタグラフ式
キー耐久回数 約300万回
無線方式 Bluetooth ver.3.0
電源 内蔵リチウムポリマー充電池
充電用ポート microUSB
充電時間 約2時間
連続使用時間 約40時間
対応機種 iPhone , iPad 各種 / Windows タブレット各種 /

Android タブレットスマートフォン各種

対応OS iOS6.0以降 / Windows8.1以降 / Android4.1以降
材質 プラスチック
本体重量 170g
本体サイズ 折りたたみ時 :

169(W) × 12(D) × 102(H) mm

 

使用時 :

328(W) × 6(D) × 102(H) mm

オウルテック 『OWL-BTKB6402』の外観

薄くて軽い、持ち運びに便利な折りたたみキーボード

上記のとおり、本体重量はわずか170g厚さは折り畳み時で12mmです。

iPad miniと比べてもほぼ同じくらいの厚さしかありません。

まとん

持ってみると想像以上の薄さと軽さにびっくりしますよ

大きさもこれくらい。iPad miniよりふたまわりくらい小さいサイズ。表面もマットに仕上げられていて、安っぽさとは無縁です。

エルゴノミクス配列が使いやすい

開いた時のサイズ感はこんな感じ。二つ折りになるタイプです。

エルゴノミクスってなんなん?

とり

まとん

ざっくりいうと、人の体の構造に基づいたデザイン。これによって疲れがたまりにくくなったり、作業を効率化できたりします

一見するとクセのあるように見えますが、エルゴノミクス配列という人間工学に基づいたキー配列になっています。

まっすぐなキーボードに手を置くと、手首が少し曲がりますよね。これが手首の疲れや肩こりにつながります。エルゴノミクス配列のキーボードは、その手首の曲がりを最初から計算して、傾斜をつけて設計されています。

キーはアイソレーション。隣のキーと接触せずに一つ一つが独立しています。これによってミスタイプが激減します。

キーピッチも17mmと、フルキーボードとほぼ同じ幅を確保。折りたたみタイプ特有の窮屈さを全く感じません

キー配列はUS配列

USキーボードなので、ひらがなが刻印されておらず見た目がシンプルです。ただJISキーボードに慣れていると記号の位置が違ったりするので最初は注意が必要です。

あと、エンターキーが小さいのでこれが最初ミスタッチしがちでしたね。

iosだと細かい設定ができないんですが、PCでの使用を考えているなら設定しなおしたほうがいいかもしれません。

こちらのブログがいままで読んだ中で一番わかりやすくまとまっていました。

参考 JISとUSキーボードの違いと、乗り換える際に最低限やっておくべき2つの設定ushigyu.net

オウルテック 『OWL-BTKB6402』を使ってみた感想

タイピングに対する遅延は、少なくともぼくが打ってる速度ではまったく感じません。神速でタイピングするような人でなければ満足するはずです。

そのほかとても気に入ってるのは以下の2点

  • パチパチと気持ちいいキーボード
  • Bluetooth接続の速さと精度

 

パチパチと気持ちいいキーボード

程よい押し込みと反発力があってとても使いやすいです。パチパチと気持ちよくタイピングができます。

安っぽさもなく、3000円台の価格を考えると大満足できると思います。

上述しましたがUS配列なので、そこだけ慣れてしまえば普段会社で使ってるLet’s note(CF-RZ6)のキーボードよりずっと使いやすい。

開いた瞬間にBluetooth接続

キーボードの開閉に応じて、電源が自動的にオン・オフされます。一度接続した機器が近くにあると、開いたあとほぼタイムラグなしに接続されます。

この精度がかなり高くて便利。

iPadで文書を書く魅力の一つに立ち上がりが早いことがあります。ロックを外してアプリを選んだら即執筆開始できるのが魅力。

それなのにキーボードの接続でモタモタしてたら本末転倒もいいところですからね。

Bluetooth接続方法

  • STEP.1

    「Fn+T」キーを押すと左側LEDが青色で点滅し、ペアリング待機状態になります。

  • STEP.2
    接続機器側のBluetooth設定画面に「OWL-BTKB6402」と表示されます。
  • STEP.3
     表示された型番を選択し、接続するとペアリング完了です。

ここがイマイチ

これはある半分に折りたたむキーボードである以上しょうがないんですが、真ん中の折りったみ部分が不安定。なのでひざの上や、柔らかいものの上でのタイピングには不向きです。

あとはやはりUS配列のクセに慣れるか慣れないか。これは1週間も使ってるとすぐになれました。

さいごに

いまのところ、折り畳みキーボードでこれ以上のものが見つかりません。

付属のケースを使えば、スマートフォンを立てかけても使えるので、ちょっとしたスペースがあればメールの返信もこのキーボードを使ってやってしまいます。

外でブログを書くときが個人的にはもっとも重宝するシーンですが、ブロガーじゃなくても働き方が変わり、ノマドワーカー的に仕事をする人にはとてもオススメ。

アップルペンシルがうらやましすぎて、スタイラスを使って似たような使い方ができないか模索中です。

スマホやタブレットの文字入力よりも快適で、毎日カバンに入れて持ち歩いても全く苦にならない。理想の折りたたみキーボードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です