Amazonプライムデーをお得に!

【レビュー】エアリズムより快適!グンゼのシームレスインナー(SEEK、in.T、YGカットオフ)

ユニクロのシームレスエアリズムがかなり浸透していますが、日本メーカーの下着といえばグンゼを忘れてはいけません。

下着メーカーのこだわりが詰まった機能性シームレスインナーを取り揃えています。

シャツの下に着ても目立たないシームレスインナーもたくさん種類があるので、整理してみました。

個人的にはエアリズムや無印のどこにも縫い目のないインナーよりもオススメです。

SEEK(シーク)UネックTシャツ

グンゼ SEEK(シーク)

SEEK(シーク)UネックTシャツは無印のように首、袖先、裾がカットオフになっていて、胴体の脇の縫い目もありません。

グンゼのインナーで特筆すべきポイントは脇の下に汗を吸い取るパッドが付いていること。

メンズでは珍しいですよね。

グレーやブルーのシャツを着てると、汗ジミが気になりますが、これなら安心感が違います。

消臭効果もあるし、レーヨンが混紡されていて肌触りも滑らか

3,000円弱とやや高価ですが、その価値のあるプレミアムな全部入りインナーです。

グンゼ YG CUT OFF(カットオフ) VネックTシャツ

グンゼ YG CUT OFF(カットオフ) VネックTシャツ

グンゼのSEEK(シーク)UネックTシャツは毎日着るにはやや高価ですが、このグンゼ YG CUT OFF(カットオフ) VネックTシャツなら1,200円程度と半額以下です。

ちょうどユニクロのシームレスエアリズムと無印のどこにも縫い目のないインナーの間の価格。

廉価モデルではありますが、カットオフデザインや縫い目のない仕様はSEEK(シーク)UネックTシャツとまったく同じ。

脇の汗パッドもあります。

生地も混紡率等はまったく同じで、織り方が、やや違うだけです。3,000円のSEEK(シーク)UネックTシャツの方が少し高級感のある滑らかな織り方をしています。

正直じっくり見比べてようやく気づく程度の違いなので、こちらの方がコスパ高めでおすすめ。

in.T(インティー)

in.T(インティー) グンゼ

上の2つとは少しコンセプトが違って、in.T(インティー)は首元のUの開きが大きく、袖もないモデルです。

Tシャツ専用という謳い文句の通り、首元や袖口からインナーが覗かず、カットオフ & シームレスなので透けにくいというもの。

Vネックだと首回りの深さはあるので、シャツを着ている分にはインナーが覗くことはありませんが、襟周りのゆったりしたTシャツを着るとどうしてもチラッと覗いてしまうことがありました。

ベージュのインナーが覗くなんてダサいことこの上ありませんよね。

in.T(インティー)は広くて深いUネックなので、襟周りから覗く心配もないし、袖が短いので半袖のTシャツやポロシャツからも見えません。

もちろん脇の汗パッドもあります。

グレーや淡い色のTシャツを着る時も安心安全。

ビジネスシャツの下に着てももちろん使えますね。

生産終了
6/12にグンゼより現在の在庫分限りで販売終了となることがアナウンスされました…

ベージュはもうありませんが、白と黒はまだ残ってるみたい。急げ!

オススメはどれ?

機能性グンゼ YG CUT OFF(カットオフ) VネックTシャツが機能性とコストのバランスが良くてオススメ。

脇汗パッドがあるのがありがたいですが、さらに消臭機能もあります。

当然胸元、袖先、裾先はカットオフでシャツからも透けにくく、胴体部分にはまったく縫い目のないシームレス仕様。

これが1,200円程度なのでとりあえず5枚急いで買いましょう。

普段着用ならin.T(インティー)もいいですね。Tシャツやカットソーに特化した工夫がされています。

首元も緩めなリラックスシルエットが主流になりつつあるメンズ服のインナーとして救世主になりそう。

ただし、上で書いたように生産終了してますので在庫限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です