2019年買ってよかったものはコチラ!

【レビュー】AUKEY PB-Y33 残量を1%刻みで表示してくれる高速大容量モバイルバッテリー

ぼくがいつも持ち歩いているのは、iPhoneXs、iPhone6s(会社用)、iPad mini5に完全ワイヤレスイヤホン2つ、それにルーターもしくはRakuten miniのどちらか。この辺りが毎日バッテリーが切れるかもしれない物たち。

それに加えてめったにバッテリーは切れないものの、キーボードとマウスも電池ではなく充電使用なので常にバッテリー切れのリスクが付きまとっていると言っても過言ではありません。

そんな感じなので、モバイルバッテリーは安心な生活の為の必須アイテム。

そんなモバイルバッテリー、残量表示はランプの数っていうのが主流だと思うけど、あれ結構不安なんですよね。

ランプが1個だと0〜20%とか…ね…

まとん
まとん

残りが5%なのか18%なのかはっきりしてほしい!

とり
とり

ランプがラスト1個になった時のそわそわ感は異常やからな…

いままで使っていた『Super Mobile Charger』も、残量が%で表示できてたのが気に入ってました。

関連記事

【レビュー】Super Mobile Charger ワイヤレスも高速充電も!新時代の「全部入り」モバイルバッテリー

これはこれで気に入って使っていたものの、ちょっと使い方が自分のライフスタイルと合わなくなってきたので、買い替えを検討していました。

いいものないかと探していたところ、大容量で、薄くて軽くて、高速で充電もできて複数ポートを備えている。その上おしゃれと欲張りなモバイルバッテリー『AUKEY PB-Y33』を見つけました。

Super Mobile Charger』から買い換えた理由なんかもお話しできたら幸いです。

残量が%でわかる全部入りモバイルバッテリー『PB-Y33』レビュー

PB-Y33の特徴
  • 残量を1%刻みで表示
  • 10,000mAhと大容量で軽くて薄い
  • 高速充電規格に対応

外観、サイズ、重さ

Aukey pb-y33
  • 寸法: 144 x 67 x 15mm
  • 重量: 228g
Aukey pb-y33 大きさ比較
左:iPhoneXs 右:Aukey PB-Y33

黒をベースとしたシックな外観。iPhoneXsより縦横はちょっと小さくて、厚さがある感じ。

重量は228gとちょっと重い気もするけど、3ポートあって残量表示もできて高速充電にも対応していると考えると許容範囲かな。

Aukey pb-y33

表面はアラミド繊維とかカーボン加工されてるっぽい見た目なものの、特に言及されてないので特殊なものではないのかもしれない。

つるつる滑ることもなく、エッジも緩やかなカーブで手になじむ感じ。

Aukey pb-y33 Micro-USB
右側は入力用のMicro-USB

右側には入力専用のMicro-USBの挿し込口。

とり
とり

お、お前まさかこの期に及んでMicro-USB…

まとん
まとん

本体への充電はUSB-Cからもできるから大丈夫!

Aukey pb-y33 ボタン
左側にはボタンがひとつ

左のボタンを押すと、上部ディスプレイバッテリー残量入力・出力速度を表示できる。

Aukey pb-y33 LCDディスプレイ
まとん
まとん

バッテリー残量が1%刻みで表示できるのが個人的にはとても好き

入力・出力速度も高速か通常速度かの2段階だけではあるけど、きちんと表示されていると結構安心。

aukey pb-y33

バッテリー残量を1%刻み表示できるモバイルバッテリーは割とあるものの、充電速度が確認できるものはあんまり無いような気がする。

PB-Y33はPD3.0QC3.0といった高速充電規格にも対応しているので、しっかりと高速で充電できているかを視覚的に確認できるのはありがたい。

高速充電規格PD3.0、QC3.0に対応

先述の通り、PB-Y33PD3.0、QC3.0といった高速充電規格にも対応している。また本体への充電もUSB-C経由なら満充電まで4時間とかなり早い。

とり
とり

バッテリー本体への充電が早いのはありがたいなぁ

PD3.0はUSB-C端子からios機器を高速充電できる規格だけど、ケーブルが対応していないと意味がないので要注意。とりあえずみんな大好きANKERの『PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル』を買っておけば安心。

まとん
まとん

ケーブルが対応してないと高速充電も宝の持ち腐れですよ!

安心の10000mAh

バッテリー容量は10000mAh。これだけあればそれなりのヘビーユーザーでも不満無く使えると思う。

大まかな各デバイスへの充電回数の目安はこちら。

10000mAhで可能な充電回数の目安

ios機器

  • iPhone 11に2.5回
  • iPhone11 Proに3回
  • iPad mini2に1回以上
  • iPhone XSに3.5回
  • iPhone 8 Plusに2回

android系

  • Samsung Galaxy Note8に2回
  • XperiaZ3に2回
  • Galaxy S5/Note 4、 Nexus 5に2回

Dynamic Detect機能で賢く充電

AUKEY独自の機能であるDynamic Detect機能も搭載。これは接続されたデバイスに最適な出力を自動的に判別し、スマホやタブレットなどあらゆる機器をハイパワーかつ効率的に充電できるという機能。

とり
とり

めっちゃかしこい!

デバイスへの過電流も防いでくれるので、例えば完全ワイヤレスイヤホンのように、大きな電流が不要なものに過電流が流れて故障してしまうような事故を自動で未然に防いでくれる。

安物や出所が不明なバッテリー、充電器だと結構起こる事故なのでそういう意味でも安心安全だ。

全部入りモバイルバッテリー『Super Mobile Charger』から乗り換えた理由など

これまで使っていた『Super Mobile Charger』は、ワイヤレス充電もできて、各高速充電規格にも対応。バッテリー残量も1%刻みで表示してくれるし、AC充電器にもなるというまさに全部入りなモバイルバッテリー。

関連記事

【レビュー】Super Mobile Charger ワイヤレスも高速充電も!新時代の「全部入り」モバイルバッテリー

気に入って使ってはいたものの、今回買い換えたのにはいくつか理由がある。

ワイヤレス充電を使わなくなった

一つ目はワイヤレス充電をそんなに使わないなって気づいたこと。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: supermobilecharger-01.jpeg

置くだけで充電できるのは確かに楽ちんだけど、そもそもモバイルバッテリーを使うシーンはとにかく早く充電して使える状態にしたい場合が多い。

ワイヤレス充電はデスク作業中や家にいるときにずっと置きっぱなしにできるようなシーンではとっても便利だ。しかしカフェやテレワーク用のオフィス、もしくは電車移動中なんかにサッと充電してすぐ使いたいという時にはあまりふさわしくない。

まとん
まとん

ワイヤレス充電は遅いですしね

あと、最近気に入って使ってるMOFT Xを付けるとそもそもワイヤレス充電ができなくなるし。

関連記事

【レビュー】極薄のスマホ・タブレットスタンド『MOFT(モフト)X』を1か月使った感想

コンセントに挿して使わなくなった

もう一つは『Super Mobile Charger』の売りでもあるコンセントに挿して使うことがあんまりなくなってしまったこと。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: supermobilecharger-05.jpeg

これはAnkerのFusion5000なんかもそうだと思うんだけど、充電器としてコンセントに挿してデバイスを充電しているとき、モバイルバッテリーには充電されてない。充電先のデバイスが満タンになって初めて、バッテリーへの充電が始まる仕様だ。

しかも充電器としての性能はイマイチで、コンセント経由でデバイスを充電していても高速充電にはならない。

iPhoneのバッテリーが無い時にコンセントに挿してiPhoneを充電しても、iPhoneへの充電も遅くて、しかもモバイルバッテリーは空に近い状態ということがよくあった。

これはひとえに環境がかわったせいでもある。

家にいるときはともかく、テレワークが中心となったので小刻みに移動することが増えた。また、オフィスもフリーアドレスとなり自席がなくなってしまったのでじっくり腰を据えて何かをする時間が少なくなってしまった。

そうなると充電器を指しっぱなし、ワイヤレス充電がおわるまで長時間放置ということが難しくなり、家で一回充電したら1日は安心という容量が大きめのバッテリーの方が使い勝手がよくなったのだ。

ワイヤレス充電やコンセントに挿せるという使わない機能をあきらめたおかげで、バッテリー容量は8000mAhから10000mAhへと大きくなったのに、重量は248gから228gへとわずかに軽くなったこともうれしい。

どっちが優れてるとかではなく、あくまで自分の環境で見直した結果、現状はPB-Y33の方がいいなとなった次第。

さいごに

こんな感じで残量が1%刻みで表示できるAUKEYのモバイルバッテリー『PB-Y33』を紹介してみた。

同容量で1gでも軽くって人には向かないかもしれないけど、残量をきちんと把握しておきたいってニーズは多いはず。

高速で充電できるし、いざとなれば3つ同時にも充電が可能。

ぼくのように複数のガジェットを持ち歩いている人にはモバイルバッテリーは必須。どれも同じようですが意外と中身は違っていたりするので、自分に合ったものを見つける手助けになれば幸いです。

Amazonで少しでもお得にお買い物をするために

現金チャージで初回限定1000ポイント、チャージ金額に応じて最大2.5%のポイントがチャージするごとにつきます。

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券を購入(チャージ)するとかなりお得にお買い物をすることができる。

初めてチャージする人は1,000ポイント還元されるので、プライム会員に入って5,000円チャージするとなんと1,050ポイント!

まとん
まとん

初回限定とはいえ還元率20%越えはスゴイ!

チャージ金額によってポイント付与率がことなっています。MAXはプライム会員で90,000円チャージする場合で、3%(2,700円分)ポイントが還元されます。

ポイント有効期限も10年間なのでどうせ使うなら初回以降は最大額の90,000円をチャージしておくのが結局のところ一番お得だ。

created by Rinker
Amazon
初回は5,000円以上チャージで1,000ポイント
注意!

クレジットでチャージしてしまうと1%しか還元されません

やりがちなミスなので要注意です。

初回の5000円で1,000ポイントもらえるキャンペーンは、いつまで続けるとか言った期限が特に明言されていない。

急に終わる可能性もあるので、なるべ早くチャージを初めて少しでもお得にお買い物をしてほしい。

公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です