UQモバイル vs Y!mobile徹底比較!

【レビュー】ユニクロ+J 2020で買ったもの

発売日は大騒ぎだったユニクロ+Jですが、なんだかんだ追加の在庫投入もあったりで数日後には以外と落ち着いた印象。

僕も初日からいくつか購入したものがあるのでご紹介します。

▼ユニクロ+Jの紹介記事はこちら
【試着レビュー】ユニクロに+J(2020AW)が9年ぶりに帰ってきた!おすすめアイテムも売り切れ続出

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ  ¥15,900

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: goods_58_436104.jpg

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E436104-000/00?colorDisplayCode=58

まずはこれですね。狙っていたダークグリーンを買うことができました。

胴体の部分にはダウンとフェザーを使って暖かく、袖の部分は中綿を使うことで、ある程度の保温性を確保しつつ、ボリュームを抑えています。

ダウンと中綿を使い分けているので「ハイブリッド」。

こうすることで、ダウンの課題だった肩回りから袖にかけてのもこっとした感じを抑えて、スタイリッシュなシルエットにすることができます。

特徴は前面のポケットで、止水ジップがデザイン上のアクセントにもなっています。まぁ止水ジップである機能上の意味はほとんどないんですが、こういうスポーティなディティールは最近の高級ブランドでも割と使われてたり。

横から手を入れるポケット、マジックテープで止められて上から入れられるポケット、そしてさっきの止水ジップのポケットと、計3つのポケットがあります。

このポケットがマチが結構深く、立体感があってデザイン的にもアクセントになっていますね

内側のナイロン部分は光沢のある素材。ブラックだとここが光沢のあるネイビーでなんかちょっとやな感じなんですが、ダークグリーンはブラックで、結構高級感あるように思えるんですけどどうだろう?

スナップボタンのラインもテープベルトのようなラインに付いていてこの辺も通常ラインのダウンパーカーとの差異です。ちょっとしたところですが、前を開いてきた時にこういうディティールが効いてきます。

買ったのはMサイズ。ホントはSサイズが欲しかったものの、開店10分後にはすでに姿が無く… 

ただMも着てみるとちょっとオーバーサイズ気味なのが逆に気に入ったので結果オーライでした。

袖口は面テープで絞れるので大きめのサイズでもシルエットを調整できます。

フードの立ち上がりはもいいですね。

パンツが部屋着にもしているワイドパンツなのでちょっとアレですが、スラックスやきれい目のデニムでもうまくハマると思います。かなり使い勝手はいいのでこの冬ヘビロテ中。

スーピマコットン オーバーサイズシャツ (長袖・ストライプ)  ¥3,990

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: goods_66_436734.jpg

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E436734-000/00?colorDisplayCode=66

初日に買ってドヤ顔してたら大量に追加投入されたシャツ。まぁいいだろう。

クレイジーパターンの太目ストライプに、正方形で下がり目位置につけられたポケットと、クセのある感じのデザイン。

ポケットの位置なんかはユニクロUみがあるような無いような…

ちょっと単品で着るのははばかられるので、カーディガンやパーカーに合わせて着たいなって感じです。

デザイン的には結構クレイジーですが、生地はドレスっぽい高級感とつやのある感じでややパリッとしています。

また比翼仕立てになっていてボタンが見えないようになっていたり、襟も裏にボタンが隠れていて、ボタンダウンになるようになっていたりします。

この一番下のボタンも足の動きで突っ張らないようなディティールにされていますね。

こういうところにもこだわり。

またステッチの細かさもエグい。

襟元を他のユニクロのシャツと比べてみたのがこの写真。すごくない?これ3,990円のシャツなんだぜ…

買ったのはSサイズですがしっかりオーバーサイズ。普段買ってるサイズかワンサイズアップで良さそうですね。

白と黒も在庫があるうちに買っておこうかな…

スーピマコットン オーバーサイズシャツ (長袖) ¥3,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E436114-000/00?colorDisplayCode=30

シャツでもう一つ買ったのがこちら。真っ白ではなくてナチュラルな色合いのノーカラーシャツ。

襟元以外のサイズや細かなディティールは、先に紹介したオーバーサイズシャツと同じ。

こちらも比翼仕立てで、ドレスライクな仕立てになっていますが、生地の色がカジュアルな雰囲気でいいバランスが取れています。

一番下のボタンもこんな感じ。

前身ごろの切り替えが特徴的ですが、同色だとそんなに目立たないですね。

パンツはなんでも合わせやすいし、シルエットも抜群にきれいなので使い勝手は最高です。

ただ、洗うと思いっきりシワが入るのでアイロン必須。

メリノブレンドVネックカーディガン(長袖・雲)  ¥4,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E436116-000/00?colorDisplayCode=69

通常ラインのエクストラファインメリノカーディガンも名作なんですが、ちょっとデザインの入ったカーディガンが欲しいなと思ってたところに、このカーディガンが発売されたのでこれも初日に購入しました。

雲のデザインがかわいい。小さなポケットが付いてますね。これが結構だるんとなってしまうので、なくても良かったかなと。

このボタンの下2つ分くらいのところだけ、色が切り替えてあるデザインになっていました。やりすぎるとカジュアルに寄り過ぎてしまうんですが、これくらいならちょうどいい感じ。

ユニクロ得意の細いメリノウールで編まれています。この辺は確実にお値段以上です。

とりあえず+Jのシャツと。ちょっと喧嘩していますね。

大人しく白のカットソー。黒のタートルネックなんかと合わせるとよかったかもしれません。

さいごに

こんな感じで、ユニクロ+Jで実際に購入したものを紹介してみました。

ストライプシャツ以外は割と使い勝手が良く、この冬ヘビロテしています。シャツもディティールにすごく拘っていて、出来はすごくいいので、もう少し使い方を考えてみたいところ。

また、久しぶりのコラボで、注目度が高かったからか、いまだにメルカリでやたらと高く転売されているものも目にします。これを言うと元も子もないんですが、確かに値段以上のクオリティではあるけど、どこまで行っても「ユニクロにしては」と言う前提は忘れてないけないなと思います。

倍の値段を出すなら、もっとシャツの選択肢は広がるし、10万出したらいくらでもいいコートは手に入ります。

転売ヤーにいい思いをさせないように、僕たちも気をつけて行きたいですね。

▼ユニクロ+Jの紹介記事はこちら
【試着レビュー】ユニクロに+J(2020AW)が9年ぶりに帰ってきた!おすすめアイテムも売り切れ続出

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です