UQモバイル vs Y!mobile徹底比較!

大人も着れるUniqloU(ユニクロU)2021SSメンズレビュー(Tシャツ・スウェット・ボトムス)|全アイテム見てきました。試着も少し

季節の風物詩となりつつある年に2回のユニクロU。まだ1月なのでこの時期に半袖ガッツリ出されもちょっと気分が乗らない部分もありますが、ファッション業界の季節感は我々より半年先に進んでいます。

ということでこの記事では前回の続きで残りの約半分のアイテムを紹介していきます。

全体的には落ち着いたアースカラーの展開で、30代や40代でも気恥ずかしくなく、トレンドっぽさを出せるアイテムが揃っているように感じました。

ハードルという意味では+Jより低いと思いますが、その分上級者には物足りないのかもしれません。

▶︎ 前編のアウター・セーター・カーディガン・シャツはこちら

Tシャツ・スウェット

クルーネックT(長袖) 1,990円

もはや説明不要の大正義ロンT。ヘビーウェイトな少し荒目の生地感で1枚でも着れるし、シャツのインナーにしてもOK。

ややオーバーサイズ気味のシルエットでドロップショルダー気味なのもちょうどよくて、こんなんなんぼあっても良いですからねを地で行くTシャツ。

余程のことがないとサイズ欠けすることもないはずなので、必要な時にたくさん買っておこう。

モックネックプルオーバー(長袖) ¥1,990

20AWで登場して、すぐに売り切れてしまった感のあるモックネックTシャツ。

Mサイズです。

これは最高ですね。柔らかいけど張りのある独特の素材で体型も隠してくれます。スウェットとTシャツのちょうど中間くらいの絶妙な厚さで、これ1枚でもきれるし、ジャケットのインナーにも最高。

これもたくさん色違いで買って全く後悔しないと思います。おすすめ。

ワイドフィットスウェットシャツ(長袖) ¥2,990

クリーンな印象のスウェットシャツ。

超長綿をギュッとコンパクトに編み上げているので、表面に艶があってとてもキレイです。目を詰めて編み上げているので肉厚感もあり、シルエットも崩れません。

これでLサイズ。リブの締め付けはそれなりにありますね。2サイズはアップさせても良いかもしれません。

この値段でこのスウェットが手に入るのは驚異的。普通に1万近くすると言われても信じてしまいそうです。

裏が起毛になっているので、着る季節が限定されそうなのが唯一の弱点かもしれませんね。5月はちょっと厳しそう。

ワイドフィットスウェットプルパーカ(長袖) ¥3,990

これももう説明不要のパーカー。生地感は先述のスウェットと同じで高級感のある目の詰まったヘビーなもの。

去年くらいから、ポケットが縫い目のスリットに沿ったミニマルなものから、よくあるカンガルーポケットに変更になっています。

これでLサイズ。

フードの立ち上がりも文句ないし、生地の肉厚感や表面のクリーンなイメージも文句なし。

肉厚な上に裏地が起毛っぽいので、これも真冬くらいしか着れない気がしますが…

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖) ¥1,500

昨年登場して、凄まじい勢いで売れたTシャツ。

表地はコットン、裏地はエアリズムのダブルフェイス仕様になっていて、着た感じのヒンヤリとした肌触りも気持ちいいし、表はツヤ感とドレープ感も相まって高級感もあり、とても1500円のクオリティではないです。

オーバーサイズに長めの袖とシルエットも今風で、全く隙がありません。これも多色買いして全く後悔しないレベル。こんなんなんぼあってもいいですからね。

クルーネックT(半袖) ¥1,000

もはやいつ行っても売ってるクルーネックT。今回は気合の22色展開。

見るからに丈夫そうな、ヘビーウェイトな素材を使ったドライな肌触りの生地を使用しています。2年前に買ったTシャツがまだ現役なくらい丈夫。

ややオーバーサイズ気味ではあるものの、最近のビッグシルエットのトレンドの中だともはや普通のサイズ感の部類。

このクオリティで1,000円で出されたら、他のブランドはたまらんですね。とりあえず単色のTシャツはこれ買っとけば全く問題ないです。

こんなんなんぼあってもいいですからね。欲しい色いっぱい買いましょう。

オーバーサイズクルーネックT(半袖) ¥1,500

エアリズムのTシャツより、どちらというとガサッとしたカジュアルな生地を使ったオーバーサイズTシャツ。

ボックスシルエットに長めの袖と正統派のオーバーサイズTシャツという印象。これももう大定番ですね。

サイドのスリットもあり、ストンと落ちるオーバーサイズシルエットで体型も隠してくれるし、こんなんなんぼあってもいいタイプのTシャツです。いっぱい買いましょう。

ボーダーボートネックT(半袖) ¥1,990

今回初登場となる、ボートネックのボーダーTシャツ。

首元が横に広いボートネックなので少し与える印象が違っていいかもしれない。

これでLサイズ。

ボーダーの色もビビッド過ぎず、深みのあるダークな感じで落ち着きがあります。使い回しも効きそうでこれもおすすめです。

ボーダークルーネックT(半袖)¥1,990

オーバーサイズなボーダーTシャツ。

シルエットも生地感もいいし、色も落ち着いていていいんですが、別にユニクロUじゃなくてもな…と。

すごくベーシックなものの、逆にオシャレに着るの難しくない?

ボトムス

レギュラーフィットテーパードパンツ セットアップ可能 ¥3,990

同素材とセットアップで着用できるテーパードパンツ。

毎回マストバイにあげる人も多く、クオリティは文句なし。ユニクロUを代表するアイテムと行ってもいいですね。

ポリエステル素材ですが、いい感じにコットンの風合いを出しています。軽くて肌触りがサラッとしているので、多少汗ばんでもそんなに気持ち悪くならない。

股上が深く、もも周りまではゆるっとしているところから、裾に向かってキレイにテーパードが効いています。

初めての人でも気恥ずかしくなくワイド系シルエットを取り入れられるので、今更あえてあげることでもないかもしれないですが、おすすめです。万能。

リラックスフィットテーパードパンツ セットアップ可能 ¥3,990

こちらも同素材のジャケットとセットアップにもなるパンツ。

ジャケット同様リネン混の素材でヒンヤリとした肌触りが気持ちいい。ジャケットは単品で着るのはかなりハードルが高く、セットアップ前提なのかなと思いましたが、パンツの方は単体でも普通に着れますね。

タックが入っているので陰影に変化がついて、高級感もあります。

使いやすさでいうと黒ですが、今回のユニクロUはカーキもいい色。どことなくリゾート感もありキレイ目に決めるなら良さそう。これは大人でも説得力もあってハマりそうです。

レギュラーフィットジーンズ セットアップ可能 ¥3,990

これも同素材のトラッカージャケットとセットアップで使えるジーンズ。

デニムのセットアップって、初心者からするとめちゃくちゃハードル高くないですか? 僕はちょっと恥ずかしくて厳しいです。

単体で見るとテーパードのかかっていない、レギュラーフィットのデニムパンツです。

柔らかくて風合いもいいんですけど、セットアップで着ないんならあえて選ぶほどでもないか。同じブルー系のデニムでも色合いはインラインのものとは違ってクリーンな感じです。

セルビッジ レギュラーフィットジーンズ ¥3,990

前回発売後、一瞬で完売したセルビッジデニム。今回はまだオンランストアでも結構在庫ありますね。

股上深めでそこから緩やかにテーパードがかかっているラインが確かにめちゃきれい。サルエルパンツっぽい。

セルビッジなんで当たり前なんですけど、履き始めはコシというかシンプルに固いので、履き込んで馴染ませていくといい感じに自分にあってくるはず。

ヨーロッパのデニムらしく、落ち着いたいい色合いなのでスラックス的にも履けて使い勝手も良さそう。これもおすすめ。

レギュラーフィットワークパンツ ¥3,990

ワーク感は強いもののセンタークリースがしっかり入ってたり、テーパードもきれいに入っていて、割と上品な感じに履けるようになっています。

ただやっぱりサッと着てオシャレになるかというとちょっと難しそうな気がしました。

やっぱりどこまで行ってもワークパンツなので、ともすると作業着感が出てしまいます。

このベルトループあたりも極太で男気ムンムン。ちょっと難しい。

ワイドフィットジョガーパンツ ¥3,990

ズドンと太いけど裾でキュッとなってるシルエットが特徴的。

これは色んなレビュー動画やサイト見てても一番意見が割れてた気がします。ファッション感度の高い人は結構おすすめしていて、初心者向けにはちょっと難しいぞって感じですね。

写真で見た時はもっと薄くて、ペラッとした感じなのかなと思ったんですが、割としっかりしたコットンパンツっぽい生地感でした。

バックポケットが特徴的。このフラップを止めるスナップボタンの質感が安っぽいって意見も散見されましたが、まぁどこまで行ってもユニクロなのでね。そのあたりは全体感の中で納得しましょう。

普通に公園パンツとしてちょっと欲しかったのでカーキを買いました。Sだと裾にたまりすぎる感があったのでXSをオンラインストアで購入。

白は全滅。カーキもSしか残ってないのでかなり売れていることは間違いない。

ストレートスウェットパンツ ¥2,990

ズドンとストレートなスウェットパンツ。

素材感はスウェットシャツやパーカーと同じで目が詰まった高級感のあるもの。この素材のスウェットパンツはあんまり見たこともないし、それが2,990円というのはお買い得感ありますね。

ルームウェアやワンマイルウェアとしてちょっとそこまでという用途には最高だと思いますが、オシャレに着るのは物凄く難しい。

シャツ着てコート着て、外しでこのパンツって感じなんだろうけど、自信を持って着るのはちょっと無理かな…

イージーワイドフィットショートパンツ ¥2,990

サッカーやってたんで足が太くて短い僕には救世主的なパンツ。

ハリのある生地感で形も崩れないし、裾が広いままの形をキープしてくれるんで足が細く、長く見せてくれます。

ホワイトというかNATURALはもう全滅。オリーブも残りはSだけなので、季節的にちょっとなと思ってると買う機会を逃しそうです。追加もありそうな気もしますけどね。

さいごに

こんな感じでユニクロUの2021春夏メンズモデルを紹介してみました。

後編からのおすすめは、ボーダークルーネック以外のTシャツ全般、セルビッジデニム、ショートパンツ。あと変化球でワイドフィットジョガーあたりでしょうか。

落ち着いたアースカラー中心の展開なこともあって、いつも以上に30代、40代でも取り入れやすいアイテムが多いように思いました。

ファッション上級者にはもしかしたら物足りないのかもしれませんが、いつものユニクロからちょっと背伸びして次のステップに行きたいという層には+Jよりもガッツリ刺さるコレクションだったように思います。

▶︎ 前編のアウター・セーター・カーディガン・シャツはこちら

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です