【コスパならこれ】たった3.6kg!newoxのB型ベビーカー「520T1」徹底レビュー

ムスメも1歳4ヵ月になり、お出かけの時間も増えてきました。危なげながら、かなりの時間歩けるようになりましたが、まだまだ長時間は難しく、ベビーカーのお世話になります。

もともと使っていたのはA型ベビーカーでしたが、より簡易的で軽いB型ベビーカーnewox「520T1」に買い換えて見ました。かなり気に入って使っています。

2週間ほど使いましたので、購入のポイントとイマイチな点をまとめてみました。

買ってよかった子育てグッズのまとめはこちら

【0歳から2歳】Amazonで買ってよかったオススメ子育てグッズ!

 

オシャレでシンプルな三輪車をお探しの方はこちら

【レビュー】おしゃれな折りたたみ三輪車ならiimo(イーモ)がオススメ! 大人も納得するシンプルデザイン

 

疲れない、着地に失敗しない抱っこひもをお探しの方はこちら

まだエルゴ? 買い替えて1年 キューズベリーで寝かしつけストレスが激減した話

 

A型ベビーカーとB型ベビーカー

ベビーカーは、大まかに、「A型」「B型」の2タイプに分かれます。
B型はほぼバギーと同じ意味で使われてますね。

参照 : https://192abc.com/49336

A型ベビーカー新生児期を過ぎて生後1ヶ月頃または、首のすわった生後4ヶ月頃から、最長で4歳まで使うことができるベビーカーは、A型と定義されています(※1)。低月齢から使うことができるので、リクライニングできるものが多く、背もたれがフラットな状態になるタイプも。背面式または両対面式がありますよ。

B型は、A型よりも軽量で、リクライニング機能がないタイプがほとんどです。おすわりができるようになる生後7ヶ月頃から最長で4歳まで使うことができます(※1)。

今まで使っていたA型ベビーカーはCombi(コンビ)メチャカルハンディ

最新技術てんこ盛りで、しかも4.7kgの計量モデルということで大変気に入っていました。最初に購入するベビーカーとしてはダントツでオススメです。軽さは正義!

オート4キャス(ハンドルの向きを変えると後輪が左右に動かなくなり、前輪になる方だけが動く機能)はもはや無いことなんて考えられません。

またエッグショックと呼ばれる、赤ちゃんの頭部を衝撃から守るクッションは特に新生児や腰が座る前の赤ちゃんを乗せるにあたって安心感が違います。

ですが、子供が大きくなるにつれて、乗ってる時間も短くなりました。そうなると、もっと軽くて小さなもので事足りるのではないかということでB型ベビーカーへの買い替えを検討し始めました。

荷物はちょっとでも軽く少なくしたいですしね。

newox520T1がダントツでおすすめ

いくつか候補があったのですが、最終的にnewox520T1を購入しました。

おすすめポイント

  • 3.6kgと超軽量なのに約10,000円とリーズナブル
  • 折りたたみがコンパクト
  • コーナーがキュンキュンまがる
  • 座面下の収納スペースがしっかり確保されている

軽くてリーズナブル

newox520T1の重量は3.6kgでした。

今使ってるメチャカルシリーズもA型の中では軽いモデルでしたが、それでも4.7kgです。女性が一人でベビーカーをもって階段上がるのは、4kgを超えてくると厳しいんですよね。手荷物も考えると4.7kgというのは限界でした。

そこから1kgの軽くなるのはでかい!

B型ベビーカーも星の数ほど種類がありますが、1万円前後のものは4kg後半のものがほとんど。軽いものを探すと、今度は値段が2万円台までグッと上がってきます。

例えば大人気シリーズのコンビF2

3.7kgですが2018/2/15時点で19,800円。倍近くします。

売りポイントである「さらさらメッシュシート」、「ハイシート」、「完全着脱式ガード」はすべてnewox520T1も兼ね備えています。さらにnewox520T1は3.6kg。

newox520T1はコンビF2の特徴をすべて装備していて100g軽いのにほぼ半額なんです。

B型の中であればもっと軽いくて安いものもありましたが、作りの部分でちょっと心配なものが多いですね。さすがに4,000円のものはちょっと怖い。

折りたたみがコンパクト

何と表現したらいいのかアレなんですが、縦に半分に折れる物が良かったんです。

こうじゃなくて

こう

車の後ろへの乗せやすさや取り回しも考えると、折りたたんでも長さが無い方がいいなと。この辺りは奥さんの意見です。身長が小さいのでこっちの方が持ち上げるのが楽なんでしょうね。

車(ミニ クロスオーバー)に乗せるとこんな感じ


A型だと左右いっぱいになっていましたのでかなり余裕ができました。

手押しのバーもこの高さがちょうどよかった。
またバーが

こういう形のものはちょっと力が入りにくく、取り回しがしずらいなということでこれに落ち着きました。

コーナーがキュンキュンまがる

軽さもあって、コーナリングもスイスイです。コーナーを曲がるとき、車輪が思ったとおりに曲がらなかったり、引っ掛かりがあるのってものすごいストレスですよね。

部品精度が高いのか、車輪が引っ掛かるようなことは全くありませんでした。

またフレーム剛性の高さもひと役買ってるのでしょう。フレームがたわむと曲がるときに変な粘りが出て不快感がありますが、このベビーカーはカッチリと作られていて、ムダなたわみが少ないと感じました。

座面下の収納スペースがしっかり確保されている

座面下の収納スペースも結構重要ポイントでした。ここに荷物を載せられると移動がだいぶ楽になります。割とヘタっとなってしまう製品が多い中、結構しっかりとした作りになっていました。

520T1の改善してほしいところ

折りたたんだ時にバーが出っ張る


折りたたんだ時にこの部分が出っ張るんです。これさえなければもう少し薄くなるんですが。とはいえ取り外しはできますので、バーがいらない人は取っちゃえば全く問題ないですね。我が子はこれを触ってるのが大好きなので、しばらく付けておきます。

自立しにくい

壁に立てかければいいんですが、うまくバランス取れないとヌルンと倒れてきます。ハンドルを折りたたむとちょっと立てかけやすくなります。

 この2点は使い方の工夫でなんとでもなりそうです。

newox 520T1と比較検討したもの

Jeep ジープ スポーツ スタンダード ベビーカー 10,000円前後

作りがものすごくしっかりしています。タイヤも分厚く安心感は格別。

段差もなんなく乗り越えていきます。さすがジープ。しかし5kgはちょっと重すぎて…

pockit ポキット 27,000円前後

これは最後まで悩んだのですが、奥さん的に持ち手の形状がどうしてもシックリこなかったのと、子供がなぜか嫌がるので、あきらめました。変形ギミックなんかメチャカッケェんですけどね。男心をくすぐられる。

とはいえ、重量が4.9kg。もともと、今のベビーカーが4.7kgで重いというのが買い替えたい動機でもあったので、この重量はネック。重たくなっとるやん

後はちょっと高いかな。27,000円前後なので3倍近くします。

電動自転車のカゴに入るコンパクトさは魅力なので、自転車に積んで移動。公園やショッピングモールではポキットに乗せるという使い方ができる人には超オススメです。いまでもほしい。

Combi コンビ F2 AF 20,000円前後

上述しましたが、売りポイントはneuox520T1でも網羅している上に100g軽くて値段も半額程度でした。唯一、剛性というか質感みたいなところが心配でしたが、値段の差ほどの違いはないなということで見送りました。

エンドー COOL KIDS CKバギー 7,500円前後

2.85kgとバツグンの軽さと7,000円台というコストパフォーマンス。唯一newox520T1よりも安くて軽いアルミフレームを採用していて、剛性も申し分ありませんでした。

見送った理由としては折りたたんでも1mあるから。これだけがどうしても気になるということでした。

そこさえクリアなら、間違いなくおすすめできます。買って損なし!

 

さいごに

今回買い替えにあたって重要視したのは、軽さと質感、金額のバランス。今回、相当数のベビーカーを見て回り、ネットも徘徊しまくりました。

購入できるほぼすべてのB型ベビーカーは見尽くした感があります。

そのうえで4kgを下回る軽さとこれだけの剛性を10,000円程度で実現しているものは見当たりませんでした。

newox520T1は軽さとコストを優先しつつ、キチンとしたものがほしいというワガママを満たしてくれる最高にオススメのB型ベビーカーでした。

※2018/2/15追記
購入してから2ヵ月経ちましたが、どこか傷んだり、ゆがみが出ることもなく、快適に使用を続けています。まだ子供も10kg程度なので、しばらくは使い続けるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です