【レビュー】水だけで油汚れが落ちる THE KITCHEN SPONGE(ザ キッチン スポンジ)定番品が至高のプロダクトに進化!

普段使うものこそいいものを使いたい。

「モノマリスト」というライフスタイルに触れてから、こんなことを意識するようになりました。

 

関連記事「モノマリスト」については「「人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに」の読書感想文を書きました」に書いています。

【レビュー】「人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに」の読書感想文を書きました

 

日用品はいつも意識してるものの、スポンジはなかなかコレというものが有りませんでした。

どうせ数週間でボロボロになるし、どれを使ってもそう大差はなかったので数百円で5~6個入ってるものを買い替えて使っていました。

しかしこの「THE KITCHEN SPONGE」は様子が違います。

なんせ「THE」と自ら名乗るくらいです。これはスポンジの中のスポンジだという自信の表れ。

株式会社THEとは

世の中の定番を新たに生み出し、これからの「THE」をつくっていくこと。
世の中の定番と呼ばれるモノの基準値を引き上げていくこと。
本当に「THE」と呼べるモノを、生み出していくこと。
わたしたちは、そんなモノづくりを目指していきます。

この言葉に集約される通り、ハサミやグラスなど定番品をぐっと最高にまで昇華させたプロダクト製品を次々と送り出しています。

HPはこちら>> 株式会社 THE

丸の内KITTEのTHE SHOPでは、そんな株式会社THEのこだわりのアイテムを取りそろえています。

KITTEは雑貨屋さんも充実していてたのしい。

>>本も読めて雑貨もかわいい ブックカフェ「マルノウチリーディングスタイル」

【東京丸の内 wifiカフェ】本も読めて雑貨もかわいい ブックカフェ「マルノウチリーディングスタイル」

 

THE SHOPの他のアイテムはこちら

>>『【レビュー】ちょっとしたプレゼントにも最適 『FLANDERS LINEN PRODUCTS(フランダースリネンプロダクツ)』リネン100%のハンカチで暑い夏を快適に

【レビュー】ちょっとしたプレゼントにも最適 『FLANDERS LINEN PRODUCTS(フランダースリネンプロダクツ)』リネン100%のハンカチで暑い夏を快適に

洗剤不要で耐久性抜群 THE KITCHEN SPONGE

THE KITCHEN SPONGE 製品写真

ちょっとこのパッケージだけでジャケ買い決定なんですが。

THE KITCHEN SPONGEの大きな特徴は二つ

  • 繊維に特殊合成ゴムを染み込ませてあり、耐久力アップ
  • 水だけで油も落とせる

開封しながら見ていきましょう。

THE KITCHEN SPONGE 開封写真

サイズは分厚さの違う2種類があります。

左がTHE SPONGE 厚さが36mm。主に鍋などの大きなものや、シンク、バスタブなどを洗うのに適しています。

右はTHE KITCHEN SPONGE 厚さが8mm。半分の厚さですね。キッチン用です。お皿やコップなどはこちらのサイズ。

特殊合成ゴムを使用 耐久性アップ

このスポンジの最大の特長は、特殊合成ゴムの力を利用して、水に濡らすだけで抜群の吸着力と摩擦力を発揮し汚れを落とすこと。

特殊合成ゴムとは、吸油性の高い汎用ゴムラテックスと適度な粘着性を持つ極性高分子ラテックスという、性質の異なる2つのゴムをバランスよく混ぜ合わせたものです。液状化した特殊合成ゴムを染み込ませ、乾燥させて固めることで、繊維同士が密着し、摩耗に強いスポンジに仕上げています。そのため、1日に何度も洗浄を繰り返す過酷な環境で使われてきました。

特殊な2種類のゴムを繊維に染みこませることで、ゴムでコーティングした糸のようなものを作ります。それを編み合わせて形にしているんですね。

THE KITCHEN SPONGE アップ写真

拡大するとこんな感じです。見た目は糸のようですが、触るとラバーのような質感があります。キュッキュッという感じ。見た目のイメージと触った指先から入ってくる情報とが違っていて不思議な感覚。

本当に洗剤不要で油汚れが落ちるのか

水だけで油汚れまで落とせる、驚異の洗浄力を持った業務用のスポンジを、ご家庭でもお使いいただけるよう、商品化しました。

洗剤を使用できない食品工場のタンクや、油を多く使う飲食店など食品を扱う様々な現場で業務用としての実績をもつスポンジです。

食器や調理器具を洗浄するのはもちろんのこと、フライパンにこびりついた焦げや洗面台に残る水垢、洗剤の残留や残り香が気になる浴槽の掃除にもおすすめです。しつこい油汚れには、油の融点である50℃以上のお湯を使うと、より楽に汚れを落とすことができます。

このスポンジの最大の特長は、特殊合成ゴムの力を利用して、水に濡らすだけで抜群の吸着力と摩擦力を発揮し汚れを落とすこと

と、公式HPにも豪語されていましたので、実際に試してみました。

フライパン洗浄前写真

砂糖としょう油と油をふんだんに使った炒め物をしたフライパンさんです。

フライパン洗浄前写真 アップ

ギットギトだぜぇ

フライパン洗浄中写真

というわけで水だけでいざ。実験のため、お湯ではなく冷たい水でやってみました。

スポンジのようにサラサラと滑るのかと思いましたが、そこはゴム。消しゴムのような使用感でした。力は普通のスポンジで洗ってるくらいです。

スポンジ自体も弾力があって、普通のスポンジだと思って使うと変な感じがします。

フライパン洗浄中写真 半分

フライパン洗浄中写真 アップ

よくある半分だけ洗ってみた写真

フライパン洗浄後写真①

水ですすぐとヌメリなく、キレイに油が落ちていました。

フライパン洗浄後写真②

油のヌメリも全く残らず、ピカピカに仕上がりました。軽い力で油が面白いように落ちていきます

注意点
バツグンの耐久性を持っていますが、刃物などで亀裂が入ると、ほころびが広がる恐れがあると、公式HPからも注意喚起されています。

色にもこだわり

色は食品や自然界にあまりない色で、キッチンに溶け込む色ということでブルーを選択。汚れが一目でわかります。ちなみにスポンジ自体には汚れが染みこまないので、軽く水で洗うと落ちていきます

スポンジが変色したり黒ずんだりする気配がありません。

さいごに

スポンジというありふれた定番品に、細部までこだわりを詰め込んで最高のプロダクトにまで引き上げた「THE KITCHEN SPONGE」。

500円とスポンジとしては少々高価ですが、耐久性だけでもおつりが来そうです。

水だけで落ちるからと言って、洗剤を使わない方がいいわけではありません。

当然その方がよく落ちますし、除菌効果もあります。少量でもかなり泡立ちがいいので洗剤も使う方がオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です