Amazonサイバーマンデーをお得に!

信じてた!パワーアップした新型iPad mini5(2019)とiPad mini4比較 ついにApplePencil対応

もうダメだと思い描いた夢の途中に今も

何度も何度もあきらめかけた

みなさんお待ちかね。第5世代のiPad mini(2019)、通称iPad mini5が3年半の沈黙を破って登場しました。

参考 iPad mini (2019)商品ページApple公式

新型iPad mini5(2019)の特徴まとめ

チップは「A12 Bionic」、Apple Pencil(第1世代)対応

「A12 Bionic」は最新のiPadProには及ばないが、iPhoneXsと同じ。「M12コプロセッサ」を採用したチップセットはほぼハイエンド。

iPad mini4より最大で3倍高速でかなり重たい画像処理もサクサクこなせそう。ARもお茶の子さいさいなのである。

もう1つ下のグレードのものを搭載してくるかとも思ってたので、この辺は素直にうれしい。

Apple Pencilは残念ながら第一世代のものとなった。

…が、そんなことはどうでもいい。iPad mniでApple Pencilが使えることがminiユーザーにはうれしいんだ。ダブルタップとか、マグネットで本体にくっつけて充電とかしたかったなんて弱音は吐かない。

何年待ったと思ってるんだ。うらやましくなんかないんだからね!

iPad mni4からiPad mni5への変更点

何と言ってもポイントはApple Pencilに対応したこととチップが最新ハイエンドになったことだが、それ以外を簡単に。

サイズ・重さ

サイズはiPad mini4と全く同じだが重量がやや重くなっている。といっても数グラムなので恐らく絶対に気づかない。ディスプレイサイズは全く同じで解像度も変更はない。

カメラ

背面カメラも仕様に変更はないが前面カメラは120万画素から700万画素へ大幅にパワーアップし、1080pの動画撮影にも対応した。まあiPad miniの前面カメラなんて使ったことないけど。

その他

Bluetoothのバージョンも4.2から5.0にアップグレードされた。

新型iPad mini5とiPad mini4スペック比較

iPad mini5とiPad mini4の変更点を中心にまとめてみたのがこちら。

iPad mini5 iPad mini4
プロセッサ A12 Bionic
Neural Engine
組み込み型M12コプロセッサ
A8 +
M8 モーションコプロセッサ
ディスプレイ 7.9インチRetinaディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppiTrue tone、フルラミネーションディスプレィ
7.9インチRetinaディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi
カメラ
(背面)
800万画素
f値2.4
800万画素
f値2.4
カメラ
(前面)
700万画素
f値2.2
1080p HDビデオ撮影
120万画素
f値2.2
720p HDビデオ撮影
サイズ 縦203.2㎜×横134.8㎜厚さ6.1㎜ 縦203.2㎜×横134.8㎜厚さ6.1㎜
重量 Wi-Fi:300.5g
Wi-Fi + Cellular:308.2g
Wi-Fi:298.8g
Wi-Fi + Cellular:304g
Bluetooth 5.0 4.2
Apple Pencil 第1世代 ×

基本的な機能はiPad mni4から大きく変更なし

注目のコネクターはUSB-Cとはいかず、LightningコネクターのままTouch IDも継続で、ディスプレイサイズも変更なし

ただしディスプレイ自体の質は大幅に向上している。

外観はそのままに、基本性能を大きく進化させた印象だ。

ストレージは64GB、256GBで3色展開

ストレージは2種類で64GBと256GB。ちょうどいい間のサイズを用意しないあたりAppleもやらしいなと思う次第です。

カラーバリエーションはゴールド、スペースグレイ、シルバー3種類でこれも1世代前のものと変わらず。

iPad mini5の価格

Wi-fi Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 4万5800円 6万800円
256GB 6万2800円 7万7800円

セルラーモデルはWi-Fiのみよりも15,000円高い。ただ持ち歩くことが多くなるiPad miniにとって、セルラーモデルであることはかなり重要。

256GBは魅力だけど、ぼくのiPad mini4は32GBでそれでもかなり余裕があるから64GBでも十分かもしれない。

さいごに

正直もう出ないのかとあきらめかけていたiPad miniの新型なので素直にうれしい。毎日持ち歩いて、電車でもカフェでも使うことを考えるとこのサイズ感がどう考えても最高。

多分iPhoneにおけるSEやXRなんかと同じ位置づけだとは思うけど、とにかくチップが「A12 Bionic」になった恩恵は大きく、これでまた数年戦える。

願わくば定期的にアップデートしてほしいんだけど。3年半は長いよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です