2019年買ってよかったものはコチラ!

【レビュー】コンプライTrueWireless。完全ワイヤレス専用イヤーチップで簡単に音質アップ

数年前までは考えられなかったけど、気がつくともう周りはほとんどワイヤレスのイヤホン。むしろ有線イヤホンを使ってる人を見つけるのが難しいほど。

音質もかなり改善されていて、数千円のものでもかなりいい音質のイヤホンが増えてきている。

僕は正直、イヤホンレビューにあるような音質の細かな違いなんてわかんないもののそんなクソ耳の僕でも稀に明らかに違うなとわかるものがある。

コンプライのイヤーチップはまさにそのうちの一つ。イヤーチップを変えてる人って正直そんなにいない気がするんだけど、耳に直接触れる部分だけにつけ心地や音質にもかなり影響が大きいので試してみて欲しい。

created by Rinker
Comply(コンプライ)
¥3,118 (2020/10/31 03:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

完全ワイヤレス用 Comply(コンプライ)TRULY WIRELESSレビュー

コンプライは低反発素材を使った誰の耳にもフィットして、音質の違いが明確にわかる人気のイヤーチップ。

結構はっきりと違いがわかるので僕みたいな初心者にとって沼の入り口には最適だと思う。

コンプライの特徴

低反発素材で誰でもフィット

コンプライのイヤーチップは低反発素材でできている。

耳に入れる前にギュッと指で潰すと、ムクムクと復元してどんな耳でしっかりフィットしてくれるのが最大の特徴。

ギュッと潰して
ムクっと戻る

耳の穴の大きさって左右で結構違うので、片方はLだけどもう片方はMみたいな人、実は結構居ると思う。

そういうフィット感の心配がほとんどなくなるのはとってもありがたい。

遮音性が向上。音質が劇的にアップ

耳とイヤホンの隙間がなくなるので余計な外音が入って来なくなり、イヤホンの持ってる能力を最大限に引き出してくれる。

まとん
まとん

ノイズキャンセリングが無くても外音が気にならないレベル!

音質の変化としてはよく言われるのが低音域が力強くなること。逃げて行きがちな低音部を耳とイヤホンの隙間をなくすことで漏れなく聴こえて来るようになる。

低音域の変化が凄いので見落とされがちだけど、聴こえてくる音そのものがクリアになってイヤホンの性能が一段持ち上げられたような感覚になる。

誰が聴いてもわかるレベルで音質は変わるので、イヤホンの音質を改善したい人は是非試して欲しい。

まとん
まとん

僕でもわかったんだから正直誰でも実感できると思います

コンプライTrueWirelessレビュー

そんなコンプライシリーズの中で今回取り上げるのは、完全ワイヤレスイヤホン専用にせっけいされた『コンプライTrueWireless』というモデル。

完全ワイヤレスイヤホンのケースに収まるコンパクトサイズ

コンプライのイヤーチップはいくつか種類が出ているけど、このTWという型番のものは完全ワイヤレスイヤホン用という触れ込み。

特徴はその小ささ(薄さ)。

完全ワイヤレスイヤホンは充電ケースとセットになっている。で、ケースも含めた筐体をコンパクトに収めるためにかなりビッチリと設計されていることがほとんど。

専用設計されてないイヤーチップを使うと、ケースに収まらなかったりする。

LibertyAirにスパイラルドット++
充電はできてるけど蓋がしっかり閉まらない…

おわかりだろうか? ちょっとはみ出してるのでケースのフタが閉まらない。

これはスパイラルドット++というイヤーチップを装着してみた完全ワイヤレスイヤホン。

これでも使えなくはないけど、充電できなかったりもするしそもそもフタが閉まらないとかダサいのである。

コンプライTWを装着
しっかり蓋が閉まる

コンプライTWは完全ワイヤレスイヤホンのケースにしっかり収まるようにコンパクトに作られているのでこんな感じでぴったり。

左がコンプライTW、右がスパイラルドット++。大きさの差は歴然。スパイラルドット++が大きいわけではなくコンプライTWがめちゃくちゃ小さいのである。

コンプライTWの装着感や音質

これだけ小さいと装着感が心配なところだけど、そこはコンプライ。ぎゅっとつぶして耳に入れると中で広がってしっかりとフィットしてくれる。

僕もそうなんだけど耳の穴の大きさはみんな左右が微妙に違っていて、シリコンのイヤーチップだと右はしっかりフィットしてるけど左がなんか変だなってことも割とある。

コンプライは低反発素材を使っているので、多少の大きさの差なら気にならない。

耳に隙間なくフィットしてくれるおかげで、音が外に逃げることがなくなった結果、音の解像感が上がる感じ。

低音が太く豊かになるというレビューが目立つし、確かにそれはその通り。ただ中高音域も結構クリアになって低音だけと言うより全体的にグッとレベルが上がる感じ。

この変化は結構劇的で、分かりやすく音が変わるのがイヤーチップ初心者でもきっと楽しい。

微妙な変化だとどこが変わったのか分からなくて、「なんだやっぱりイヤーチップなんて変えても意味ないやん」ってなっちゃいがちなんだけど、コンプライシリーズはガチ。

その他のコンプライの種類

コンプライには大きく分けて3種類ある。

まずはベーシックなこの形。RHA TrueConnectやBeoplayE8などについてくるのはこのタイプ。

created by Rinker
Comply(コンプライ)
¥1,232 (2020/10/31 03:59:12時点 Amazon調べ-詳細)

次に「アジアンフィット」という丸っこいタイプ。

右がアジアンフィット

そして最後がTRULY WIRELESS

created by Rinker
Comply(コンプライ)
¥3,118 (2020/10/31 03:59:13時点 Amazon調べ-詳細)

ベーシックなものとアジアンフィットは使い比べてみたけど、僕の耳では違いは全くわからなかった。大きさやフィット感も特に違った感じはなかったな。

イヤーチップにボリュームがあるのでその分耳の中ではしっかりとフィットしてくれる。

ただフィット感が欲しいからと言って大きすぎるサイズを選ぶと、音の通り道が潰れて結局音質が悪化してしまうので要注意。

完全ワイヤレスイヤホン用のコンプライは上の二つにくらべると小さい分クッション性も薄れてきてしまうが、つけてみると耳が痛くなったりすることもなく快適。

手持ちのイヤホンに付けてみた

RHA TrueConnectにつけたのがこちら。

左がTW、右が同じコンプライのアジアンフィット。

それまではまさに上で紹介したアジアンフィットモデルを付けていたが、ケースへの収まりがイマイチで、こんな感じで変な段ができてしまう。

コンプライTWならそこもスッキリ。

もともと特徴のあった低音がパワーアップし、中高音やボーカルがややクリアになった感じ。

BEOPLAY E8に付けてみた

BEOPLAY E8に装着したのがこちら。

すこしか細い印象だった低音が明らかにパワーアップした。透き通るような高音域はそのままに弱点をしっかり補えた感じ。

当たり前だけどケースにもきっちり収まった。

さいごに

こんな感じでコンプライの完全ワイヤレス用のイヤーチップを紹介してみた。

正直、イヤーチップを変えたからって変化なんて微妙でしょ?って思ってませんか?

イヤーチップは耳に直接触れる場所でもあるので、ここを変えると思ったより大きく音が変化する。

僕も最初は信じられなかったんだけどこのコンプライのイヤーチップは本当に誰でも変化がわかるレベル。

オーディ沼にこれから足を突っ込もうとしている人には最適ではないだろうか。

created by Rinker
Comply(コンプライ)
¥3,118 (2020/10/31 03:59:13時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
RHA
¥11,800 (2020/10/30 14:53:37時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonで少しでもお得にお買い物をするために

現金チャージで初回限定1000ポイント、チャージ金額に応じて最大2.5%のポイントがチャージするごとにつきます。

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券を購入(チャージ)するとかなりお得にお買い物をすることができる。

初めてチャージする人は1,000ポイント還元されるので、プライム会員に入って5,000円チャージするとなんと1,050ポイント!

まとん
まとん

初回限定とはいえ還元率20%越えはスゴイ!

チャージ金額によってポイント付与率がことなっています。MAXはプライム会員で90,000円チャージする場合で、3%(2,700円分)ポイントが還元されます。

ポイント有効期限も10年間なのでどうせ使うなら初回以降は最大額の90,000円をチャージしておくのが結局のところ一番お得だ。

created by Rinker
Amazon
初回は5,000円以上チャージで1,000ポイント
注意!

クレジットでチャージしてしまうと1%しか還元されません

やりがちなミスなので要注意です。

初回の5000円で1,000ポイントもらえるキャンペーンは、いつまで続けるとか言った期限が特に明言されていない。

急に終わる可能性もあるので、なるべ早くチャージを初めて少しでもお得にお買い物をしてほしい。

公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です