買ってよかったおすすめアイテムはこちら

【リモートワーク・テレワークにオススメ】 2018年に買ってよかったデジタルグッズ7選(ガジェット)

こんにちは。まとんです。

遅ればせながら2018年に買ってよかったものをまとめ始めました。最初はガジェット編。

今年は働き方改革が各企業でも推し進められる中、テレワーク社会のためのアイテムがとても役に立ちました。

リモートワーク・テレワークにもおすすめ
2018年に買ってよかったガジェット

iPhoneXs

言わずと知れたiPhoneXs。特にぼくはiPhone6sからの買い替えだったのでその変化は劇的。

ホームボタン廃止、イヤホンジャック廃止、FaceIDが一気に襲ってきました。

CPU関連の進化はすさまじく、もはやその辺のノートPC程度では歯が立たない境地に達しています。簡単な画像編集ならほぼノーストレス。

個人的にはカメラの進化が衝撃的。これもうデジカメなんかいらないよねってくらいよく映ります。

ブログの商品画像もほとんどiPhoneXsで撮影するようになってしまった。

支払いも電車に乗るのもほとんど電子マネーで、現金以前にも増してをほとんど使わなくなった。

それに合わせて財布も見直したのがこちら。

iPhone Xs 純正レザーケース

今回は初めてAppleの純正レザーケースも買ってみました。レザーとガジェットという組み合わせがとても気に入っています。

無機質なガジェットに天然素材のレザーがうまくぬくもりを加えてくれるような気がします。経年変化も楽しめるのでこれも今年気に入っているものの一つです。

 

BEOPLAY E8(完全ワイヤレスイヤホン)

これは仕事とは関係ないかもしれないけれど、毎日絶対に手放せない。

ケース、イヤホン本体のデザインともに好みのど真ん中で音も上質という言葉がしっくりくる。

どちらかというと中高音よりだが、低音も弱いというよりはマイルドという感じ。長時間聞いていても聞き疲れもしない。

カフェやオープンスペースで仕事をするには集中力を高めるBGMが必須。高額だけど買って損のないイヤホンです。

Anker PowerCore Fusion 5000

とにかくこのPowerCore Fusion 5000を1個持っておけば安心感が違う。

急速充電器とモバイルバッテリーが一つになったという、ただそれだけなんだけどコンパクトでそれなりに軽いからバッグに1つ入れておいても苦にならない。

容量は5000mAh。iPhone Xsなら1.5回充電できる。普段の外出ならコレで困るシーンはないはず。

5000mAhのバッテリーというだけならもっと軽量なものもあるが、PowerCore Fusion 5000の魅力は急速充電アダプタと一緒になっていること。

コンセントにつないでいる間、充電している機器が満タンになれば、モバイルバッテリーに充電される仕組み。

さしっぱなしにしておいて、外出時に持ち出すようにすれば、バッテリーが充電されていないというあるあるなシーンも防げるはず。

hacoaの巻き取り式充電ケーブル

チーロの巻き取り式ケーブルはマイクロUSBとlighting端子を兼ね備えててコンパクトと必要にして十分だったんだけど、デザインがちょっとチープ。

そこで見つけたのがこのhacoaのケーブル

この木と黒いケーブルとの組み合わせがツボ。iPhoneの純正レザーケースもそうなんだけど、こういう天然素材とガジェットとの組み合わせが最近好き。

機能性は問題ないし、毎日持ち歩いて目にするからやっぱりデザインが気に入ったものを持ち歩きたい。

ワイヤレスキーボード 『OWL-BTKB6402』

折りたたみで薄くて軽いワイヤレスのキーボード『OWL-BTKB6402』。iPad miniでサクッとブログを書きたいなと思って探していた。

200gを切る軽さと12mmという薄さ。カバンに常時入れておくには薄さも欠かせない要素だ。

iPad miniと比較してもこの薄さ。かさばるとカバンがデコボコして持ちにくいし不快だ。見た目にもスタイリッシュとは言えない。

このキーボードはその2つをクリアしていて、なおかつキーの幅も17mmとフルサイズキーボードよりちょっと狭い程度。

開くとすぐにBluetoothで接続されるのでとても快適。

打鍵感もパチパチと気持ち良くて、とても気に入っている。

メールを返す時も、iPhoneと接続して打つととてもスムーズなので、タブレットを持ってなくても是非使ってみて欲しい。

 

薄くて軽いマウス『Microsoft Arc Mouse』

テレワークやリモートワークを行うのに、ぼくが一番悩んだのがマウス。

タッチパッドでもできなくはないんだけど、やっぱりマウスが便利。特にタイピング中に手のひらがタッチパッドに触れて、ちょっとした誤作動が起きるのかとてもストレスフルだった。

とは言えマウスはかさばるし、その分バッグの中での収まりが悪い。

このmicrosoftのArc Mouseは収納時のサイズがiPhone程度の薄さになるのがとても気に入っている。

やはり持ち歩くのに薄さは正義だ。デザインもミニマルでクール。

できるのは上下左右のスクロールだけだが、外出先で使うにはこれで十分。たまに敏感すぎると感じることもあるが感度も抜群。

単4電池タイプで購入してほぼ10カ月が経つがまだ電池交換はしていない。

これ以上ないほど愛用しているお気に入りのワイヤレスマウスだ。

番外編

Anker PowerCore AC

AC電源が使えるものでほぼ唯一モバイルと呼んでもいいバッテリーがこれ。

ipad pro(2018)やサーフェスのようにUSB給電に対応している一部のタブレットやPCを除くと、まだほとんどのノートPCの電源はACのコンセントタイプ。

リモートワークが主流になると電源の確保が至上命題になるはずだけど、このバッテリーがあればそれからも解放されて、本当の意味で働く場所を選ばなくてよくなる。

MacBookを約1回、iPhone XSを約6回、iPhone XS MaxおよびGalaxy S9を約5回充電できる。2泊程度の旅行や出張、長時間充電ができないような海外旅行なんかには重宝するはず。

とは言えさすがにお弁当箱くらいのサイズがあるしそれなりに重たい。

付属の専用ケースに入れるとさらに巨大だ。

登場する機会はさほど多くないかもしれないけど、ハマる人にはハマるんじゃないかな。

さいごに

昨年あたりから働き方改革が本格的に検討されるようになり、リモートワークを推奨する企業も目に見えて増えてきたように思う。

今年買ったガジェットたちもそんな流れを受けて、自分が働きやすいように選定した結果こうなったもの。

今後もっといいモノが出てくれば入れ替えようと思っているんで2019年はガラッと様変わりするかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です